【前橋市】 常勝軒 前橋店 「チャーシューふじ麺(中盛)」

【前橋市】 常勝軒 前橋店 「チャーシューふじ麺(中盛)」

【前橋市】 常勝軒 前橋店 店構え

永井食堂で「もつ煮」を食べられていれば少しは話は違ったんだろうが、寒い中を走り続けた事もあってどこかで温かい一杯を頂きたいところ。何処か無いかなぁ…と思っていたら、前橋の国道50号沿いに常勝軒があったのを思いだして入店。確か前回来た時は、夜に出発したキャンプツーリングの夜食で立ち寄ったんだよなぁ。

程良く「ガッツリ」行きたかった(何のこっちゃ?)ので、ふじ麺とチャーシューを中盛で。少々待って到着した一杯は、相変わらずの「モヤシタワー」のてっぺんには「ニンニク」。冷えた体なのでレンゲを少々ねじ込んで、さっそくスープから頂きま~す。

う~む、このジャンキーさがたまらないっ!(喜)

この後は少々モヤシを減らした後ニンニクを散らしまして、茶色がかった太麺とモヤシのポジションを強引にひっくり返してガツガツ食べ始める頃には程良くニンニクを感じられる状態になってまして…

明日(月曜日)の口臭が今から楽しみです(爆)

麺は多少ゴワゴワ感のある太麺で、味の付いていないモヤシはスープに沈めつつ一緒に食べるといい感じになりますな。スープと麺に比べてしまうと、チャーシューはあんまり印象に残らない割には値段が張るので個人的には無くてもいいかもなぁ。そんな事を思いながら食べ進め、スープだけになった頃にはコロコロした背脂がびっしりスープの表面に若干ひるんだのは…歳食った証拠だろうか?(笑)

ジャンキーながら何故かぺろっといけてしまう一杯をまたしても有難うございます。ご馳走様でした!また来ま~す!

『そろそろ冬だねぇ』 ~金精峠越え編~

『雪がちらほらの金精峠付近』

益子で昼飯を頂いた後は一路日光へ。いろは坂の入り口に辿り着いたのが午後2:30と遅めだった事もあり上まで順調に流れると思いきや、明智平の2キロ程手前から毎度毎度の渋滞が。ま、バイクなので何とかやり過ごしまして中禅寺湖方面へ向かう訳だが、登ってきた車の8割位はそのまま「いろは坂」の下り方面へ向かっていってしまった。ま、紅葉見物的にはいいかも知れないが、運転する人にしてみれば最悪なルートだよな。時間的に下りの大渋滞は確定だからなぁ…(汗)

紅葉的にピークを過ぎているのは覚悟の上で、一応今年最後の訪問になりそうな半月山展望台へ。眺めは良かったですが、写真を撮るような感じでは無かったのも確か。この後は中禅寺湖のほとりを走り抜けまして、金精峠が近づくにつれ何やら山肌が白くなってきてますが…もしかして。。。個人的な今年の「初冠雪」なんではっ!?あ…「初感雪」って造語を今思いついた。

来年の流行語大賞を狙ってみっかな(爆)

上の写真は群馬県片品村側の峠付近にて。そろそろ朝晩の冷えてる時間帯は気をつけないと転けそうだぁね(汗)

【群馬県渋川市】 永井食堂 店構え

この後はひたすら国道120号を進みまして、渋川にある「もつ煮」で有名な『永井食堂』を見つけてUターン。体が冷え切っていた事もあり「もつ煮定食」を食べていこうかと思ったら「すみません…日曜日はお土産しかやってないんです…」との事

ガーン…(涙)

後からやって来たおばちゃんが「お土産2つ下さ~い」と言っているので、俺も2つ買う事に。「2,140円で~す!」と言われ、結構高いなぁ…と思っていたら…

【群馬県渋川市】 永井食堂 「特製もつっ子(おみやげ用)」

何と…1つ1kgのパックを2個も買ってしまったのであった(涙)冷蔵保存で12月初旬まで保存出来るのは幸いだが…

こりゃ当分の間、3食全部「もつ煮」だぁね(爆)

 

今回のGPSログはこちら。標高の高い場所はすでに半分冬ですな。快適なシーズンとはしばらくお別れですねぇ…(寒)

2010_11_08_ルート

【益子町】 支那そば処 麥蕎麦や 「海老らーめん・チャーハン・お新香(ランチセット)」

【益子町】 支那そば処 麥蕎麦や 「海老らーめん」    【益子町】 支那そば処 麥蕎麦や 「チャーハン・お新香」

【益子町】 支那そば処 麥蕎麦や 店構え

この前珍しく真面目に意見した祟りなのか、絶好の観光日和だったはずの土曜日は風邪をひいてしまい家でダウンしていた。。。しょうもない真面目な話の代償にしてはあまりにも大きかったので…

今後、真面目な話はしないことにしよう…(爆)

昨日ほどでは無いにしろ今日も天気がいいので、病み上がりではあるがとりあえず出発する事に。標高の高い所に行って寒い思いをすると風邪がぶり返すような気がしたので、朝の10時頃家を出発して最初は大人しく国道6号を南の方へ平和に走っていたのだが…石岡の繁華街?あたりでふと思った。

このまま街中を流して終わりにしていいのかっ?紅葉の一番いい季節に山に行かなくっていいのかっ?昨日の分を取り返すには…等と色々考え始めたら「→ 宇都宮」の標識が。。。

あぁ…結局また日光に行くのかよ…(笑)

そんなこんなでかなり無茶苦茶なライン取りながら行き先は日光方面へ決まったのでありました。段々とお昼も近づいてきていて、飯抜き状態だった昨日の分もどこかで1杯頂きたい所だが…益子に入ると「昔の味です 支那そば処」なる看板が目にとまった。事前情報まったく無しだが、時間的にもちょうどいいのでこちらで1杯頂きますか。入り口にランチセットと書かれた板が置いてあり、今日は海老らーめんとチャーハンのセットの模様。腹も減ってるし…と言う事でこのセットをお店の女将さんに注文。いやぁ…病み上がりと言う事もあってか、ただのお冷やが普段より数段旨く感じるなぁ(喜)

しばらくボケ~ッと待っていると、まずは「海老らーめん」が到着です。なるほど、ぱっと見た感じの予想では醤油ラーメンにエビが載ってるから海老らーめんてなところでしょうか(言葉通りだなぁ…)それではスープから頂きま~す。

ん?確かに昔っぽい味な感じはするが、万人受けする計算された出来合いの味がします(汗)ただなぁ…色々工夫されているけれど個人的に苦手な醤油が前面に出たスープと、このスープのどっちが旨い?と聞かれたら…こっちと答えるしか無い気がするのはちょっと悲しい気もするなぁ…(汗)お次は麺へいきますと、軽く縮れた細麺です。特徴がある訳では無いんですが、時間の経過による「伸び」をほとんど感じなかったのは予想外でした。具はエビ3匹に刻みネギにメンマ、ナルトにノリと四角いチャーシューにこれまた四角い薄焼き卵が載っているあたりが新鮮です。

「海老らーめん」を7割程食べ終えたところでセットのチャーハンも到着です。具はネギとタマネギ、ナルトの細切れとチャーシューの細切れと一般的で、個人的に好みな塩コショウ具合で仕上がっていて旨かったです。量もラーメンとセットと言う事で申し分ないですね。ご馳走様でしたっ!