ふらのジャム園と富良野ワイン工場 ~やなせたかしは高知だったよね編~

太陽の里キャンプ場にて

太陽の里キャンプ場にてお目覚め。曇っているけどこれ位が丁度いいかな。タープは今日もカラス対策で畳んでます。

二晩で空になるSAPPORO SOFT1.8リッターのSAPPORO SOFTが僅か二晩で全滅だと…

「連邦のモビルスーツは化け物かっ!」(違うから…)

そんでもって今日どこに向かうかなんだが…母上様所望の五郎の石の家に売っていた「ふらの」と書かれた鈴?を買いに行くと言う事で。まぁ五郎の石の家には行くとして、まずは個人的欲求を満たす俺。

アンパンマンショップふらのジャム園店アンパンマンショップふらのジャム園店へやって来た俺。でもあんまりアンパンマン自体に興味は無いので通過して展望台へ。

麓郷展望台にて

そんな訳で麓郷展望台へ。ラベンダーはまだ蕾だけれども遠景は素晴らしい。そう言えば「バイクは下りのダートに注意!」とツーリングマップル&地元の看板で注意喚起されていたけれども、下りのダートはほぼ舗装済み。気を付けるべきは頂上の駐車場エリアの砂利エリアだな。

詩とメルヘンふらのジャム園まで降りてきて見物開始。奥の方に俺の好きな「やなせたかし」が高知の観光案内と共に展示されていて完全にスイッチが入る。

詩とメルヘン絵本館に行きたかったんだよ俺はっ!(また行け)

ふらのジャム園【北海道富良野市】 ふらのジャム園 ソフトクリーム

ふらのジャム園はとにかくジャムだらけ。ジャム30種類位を試食できるだけでなくソフトクリームにジャムを乗せて食べられる。もちろん俺もラズベリージャムだかなんだかを乗せたソフトクリームをペロペロ。

五郎の石の家でもってすぐ近くに位置する五郎の石の家へ。いい雰囲気だよなやっぱり。

富良野ワイン工場富良野ワイン工場のラベンダー園

お目当てのお土産を見つけられなかったので富良野ワイン工場へ。ラベンダー畑もある工場なのでラベンダーを見学。

ん?満開になったラベンダーって…(疑問)

富良野ワイン工場の試飲コーナーにて

富良野ワイン工場の試飲コーナーで飲めない事もあり寂しく写真を撮っていたら、施設の方に記念写真を撮って頂いたので有りましたっ!

…何か腰痛そう(し~っ!)

この後、自分への御褒美的なワインを買い込んで行き先を再検討。う~ん…富良野ロープウェイってのに乗ってみっか?

富良野ロープウェイ道中いい感じっ!

富良野ロープウェイ山頂頂上では富良野の平野を一望出来ます。

ニングルテラスにてニングルテラスの入り口のお店にて、恐らく母上様所望の鈴?をゲット。これだと思うんだよなぁ…違うのかな?この後は新富良野プリンスホテルの日帰り風呂「紫彩の湯」へ。ここだけに入ろうとすると1540円らしいので、富良野ロープウェイのセット券を強くお勧めします。

ま、ここにだけ入る野宿野郎がいるとは思えないが…(汗)

しっかし紫彩の湯にはビックリだったな。こういうのを金持ちの方々は当然だと思うんだろうか?。

悪くは無いが…良くも無い(貧乏人の正直な気持ち)

今宵の食材ワインと焼き物

今宵も豚さがりやらホルモンやらが並ぶタープ下の炭火焼き会場。どれも旨いもんねぇ。

富良野ワイン工場限定品のワイン今宵のメインは富良野ワイン工場限定品のワインと言う事でコルク抜きをスタンバイ。これがないとキャンプとはいえ辛い目に遭うんだよねぇ…ってワインの栓…コルクじゃ無いのかよっ!(涙)

もう多分活躍する場面ねぇよっ!コルク抜きなんてっ!(アホ)

焼き肉パーティーもちろんじゃがバターも

そりゃそうと宴は夜中まで続きまして…またしてもタープの下で寝そうになる俺(笑)

2014_07_04ルート本日のGPSログはこちら。

今日も富良野をふらふらと。大丈夫か?お前さん…息苦しくはないのかい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。