知床峠を抜けるとそこは冬だった ~オホーツク海またお前か…編~

緑ヶ丘森林公園キャンプ場にて

緑ヶ丘森林公園キャンプ場にてお目覚め。久々に朝っぱらから良い天気。この一帯は気分良く走れる場所が多いんで、顔を洗って歯を磨いてとっとと出発!

開陽台にて

まずは近場の開陽台へ。景色もいいけど天気も素晴らしい。この調子で頼むよ北海道ちゃん。

開陽台北十九号道路開陽台と言えば開陽台北十九号道路。天気が良い時に来られて嬉しい限り(喜)

八分音符の道路標識こちらは八分音符飛び出し注意の道。ちなみに標識は片側にしか有りません。

標津町のいわゆる農道を堪能して知床方面を目指して国道335号を北上開始。日が差しているのでそれなりに温かくは感じるが、気温は10℃あるかどうかという毎度お馴染みオホーツク海沿岸仕様。

羅臼にて知床峠への東からの入り口羅臼にある道の駅 知床らうすにてちと休憩。知床峠の向こう側は気温が軒並み一桁台らしい…ので、

【北海道羅臼町】 道の駅 知床らうす 「うに丼」「うに丼」食った勢いで乗り切るのですっ!(高くつくなぁ…)

知床峠へ向かって走り始めるとあっという間に濃霧の中へ。そういえば昔、この道沿いにクマが座ってたよなぁ…なんて思いながら走っていたら知床峠へ到着。

知床峠標高の高い場所だからガスっててもしょうがねぇなぁ…などと思いつつ休憩していたら、反対方向からやってきたバイク乗りに声を掛けられ羅臼側の天気を聞かれる。「あっちは晴れてますよ!」と言ったら滅茶苦茶嬉しそうだった。

えっ…(嫌な予感)

知床峠から西側へ下り始めると霧が晴れるどころか更に濃くなりまして…何にも見えない状態で道の駅 うとろに到着。

道の駅 うとろ シリエトクにて

あまりの濃霧で実質的に雨と変わらず、ついでに気温一桁でクソ寒いという…

「オホーツク海てめぇぶっ飛ば~すっ!」(C)ジャイアン風味

当初網走に向けてオホーツク海の海岸線を進むつもりだったがそんな気分は速攻で消え去りまして次善策検討開始。海岸線は駄目だから内陸側というと…川湯温泉方面か?屈斜路湖のまわりにはキャンプ場結構あるんだよな。砂湯もあるし…

砂湯…あっ!(ひらめいた)

このクソ寒い北海道め、今宵はぬくぬくに過ごしてやっからな!

川湯温泉駅駅前そうと決まれば話は早い。斜里町から国道391号で内陸側に向かって川湯温泉駅へ。

【北海道弟子屈町】 喫茶オーチャードグラス 「ビーフシチュー」【北海道弟子屈町】 喫茶オーチャードグラス 店構え

川湯温泉駅の駅舎にある喫茶オーチャードグラスにてビーフシチューを頂く俺。こんなお洒落なお店を俺が知っている訳は無く、これまたTwitterで教えて頂いた場所なのであります。

この店はいいね。飯も旨いしお洒落な俺のイメージにもぴったりだ。(無理すんなよ…)

砂湯キャンプ場屈斜路湖の湖畔にある砂湯キャンプ場にテントを設営。実はここのすぐ隣に砂湯と呼ばれる温泉の湧き出し場所がありまして…

砂湯砂を掘ると温泉が出てくるという場所柄。つまり天然の床暖房付きキャンプ場って事(喜)

今宵の食材屈斜路湖の夕暮れ

近くのスーパー(と言っても片道25㎞位あるけれど)で買い出しをして、屈斜路湖の夕暮れを眺めながらプチ宴会開始。

ホタテを焼く(その1)ホタテを焼く(その2)

ホタテに…

ホッケを焼く羅臼のホッケと何気に素材の旨さが光る今宵の食材なのでありました。天然の床暖房も暖かいしね。

2014_06_23ルート本日のGPSログはこちら。しっかしオホーツク海側に出る度にろくな目に遭ってないよな今回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。