さよなら英国また会う日まで ~世界の車窓から…ヘルシンキを経由して…帰国編~

霧に包まれたHorwich Parkway駅

今日は帰国する最終日という事で寝坊したりするととんでもない事になる訳だが…

始発に十分間に合う時間にお目々パッチリ(アホ)

まぁギリギリの時間までホテルで粘っていても朝飯を食える時間にはならないので始発でGo!

Horwich Parkway駅の標札ホテルから歩いて5分程の距離にあるHorwich Parkway駅は朝霧に包まれていて、マンチェスター行きを待っている乗客は4人と言ったところか。皆、駅に置いてある無料の新聞を片手に乗車。

イギリスの鉄道車内

イギリスの鉄道は改札が無いらしく、乗り込むとしばらくして車掌さんが検札にやって来た。車掌さんは首からカメラをぶら下げて大きめの荷物を携えている俺に一言二言声を掛け、笑顔で次のお客さんの所へ。

ついに…世界の車窓からキターっ!…外真っ暗だけど…(やっぱアホ)

始発と言う事で車内は空いているんだが、車内を観察していると面白い事が。どうやらイギリス人の皆様は進行方向と逆向きに座りたがるらしい。日本人と組み合わせるとお互い幸せでいいかも?なんて思ったりしたが…はて?他の国の方々ってどうなんだろうか?

イギリスの鉄道車内にて「天気予報」残念ながら外の風景ははほとんど見えないので駅で頂いた新聞を。まぁ天気予報のページは俺にも分かるんだが…

自分の今の居場所が良く分からない…(爆)

それから切符のチェックの仕方は鋏を入れるわけでもスタンプを押すでもなく…

黒マジックでグルッ!(笑)

イギリスの鉄道車内にて「冬の間モコモコにならないファッション」

新聞をめくっていると俺にも分かるページが。これは「いかにしてモコモコファッションにならずに暖かく過ごすか?」って事だろう?

分かる分かる…バイク乗り的にも永遠の課題だからなっ!(ベクトルが違う…)

マンチェスター空港駅にてそんなこんなで1時間程で終点のマンチェスター空港駅へ到着。日本では見掛けないタイプのディーゼル車だというのに…誰一人写真を撮っている奴はいなかった(笑)

マンチェスター空港駅のカフェで朝飯出国審査で何故か出国審査通過後に待ちかまえていたフリーの係員に捕まったりしつつ…

こんな感じ→「お仕事ですか?」「はい、仕事です。」「では良い旅を!」(何故なのだっ!)

朝飯を食っていなかったので、空港のカフェで巨大クロワッサン&エスプレッソを(一般的な?感覚で言うと3杯分位ある)。ちなみに支払いの時、前のお客さんの料金が表示されていたらしくその金額を小銭で支払おうとしたら英国美女にキッ!と睨まれた…(汗)

マンチェスター空港にはドカティの免税店(車体)マンチェスター空港にはドカティの免税店(店構え)

朝飯の後、ちょっとしたお土産を買いつつ一応免税店の中にバイク関連のお店を見つけはしたものの…

ドカティ…(高級酒以上に縁遠い)

ヘルシンキへ向かうジェット機

そんなこんなで、これから乗り込むフィンランド航空の飛行機に挨拶をし…

ヘルシンキへ向かうジェット機から窓からはおよそ民間機っぽく無い飛行機雲を眺めなたりしながらヘルシンキへGo!

フィンランド航空の昼飯一応グルメ系のブログを目指しているのでフィンランド航空の昼飯をご紹介。

結構ズッシリとした食べ応えのあるパンにチーズ他が挟んであった。これなら一個で十分だ。

ヘルシンキ空港にて(白狐)ヘルシンキ空港にて(ジェットエンジンのオブジェ)

フィンランドの玄関口、ヘルシンキ空港は色々と美術系のオブジェが展示してある空港だった。クリスマス絡みのムーミングッズを買ったりしつつ…

ヘルシンキ空港にてビール&フランスパンサンド&菓子パン空港のカフェでビールにフランスパンサンド?に菓子パンをパクついたりして最後の飛行機へ。それにしても急激に日本語が耳に入ってくるようになってきた。日本方面を含むハブ空港って事なんですかね。

JAL機内にて

JALの成田行きという事で、日本人のスチュワーデスさん&日本人客多数という組合せ。フィンランド系の肉料理?+蕎麦に味噌汁という組合せなのかな。

そう言えば乗った機体はボーイング787。窓の透過率を電気的に調整出来る機構だったりとやっぱり装備は最新型。俺ってエンジン音は気にならない方なので、できる限り飛行機の翼の見える席に座るんだけれど、最新型とは言え騒音自体はさほど小さくない気がするな。まぁ抑揚の効いた音なので…

巡航している時に耳に付くわけでは無いけれど…(ここに来てまさかの評論家口調っ!)

機内ではパシフィック・リムを観たり、山下達郎のクリスマスソングを聴いたりなんかして無事帰国。

まぁ何にせよ、仕事が上手く行った事に感謝な英国行きなのでありました。

 …ここに来てまさかの○○口調っ!(爆)

さよなら英国また会う日まで ~世界の車窓から…ヘルシンキを経由して…帰国編~」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    ヘルシンキ空港オブジェ写真の、右の赤いワイヤーフレームっぽいオブジェはターボファン・エンジンに見えます

    あ、でもインテーク側の大きいのがファンならその後ろの圧縮機は径が段々小さくならないといけないな・・・
    バランス的にタービンも大きすぎる気がしますし・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。