2013夏ツーリング ~さらば九州…こんにちは長門の「金子みすゞ記念館」編~

道の駅「生月大橋」の朝

九州での最後の朝になるであろう生月大橋の道の駅も晴れ。どうやら今年の夏ツーリングは一度もフライシート張らないで済みそうだ。

…その分確実に暑いけど…(汗)

歯を磨いて顔を洗ってテントを撤収。ここまで来て生月島の北端にある大バエ断崖を素通りする理由は何も無いので島を北上開始。程良く走った所で大バエ鼻に到着。

大碆(大バエ)灯台自動波浪観測機

左は大バエ灯台。100メートル程の崖に立つ灯台なので、本体はとってもコンパクト。右は灯台の近くに立つ自動波浪観測機なるもの。波打ち際に向けて小さな窓がぐるっと180度開いているんだが、普通のカメラで水平線を監視しているんだろうか?

大碆(大バエ)断崖こちらは大バエ断崖。昔は近くまで歩いて行ったのだが、疲れそうなので上から眺めるだけ(老)

最西端の駅「たびら平戸口駅」再び

大バエ断崖の後は生月大橋と平戸大橋を渡って東進開始。長崎県と佐賀県北部を繋ぐ国道204号線に入ってすぐに懐かしい駅の名前の標識が目に留まったのでちと寄り道。

ここは最西端の松浦鉄道「たびら平戸口駅」。列車で来た時にも感じたが、最西端の碑の前が思いっ切りタクシーの待機場になっているのがちと勿体ないな。

海辺に建つ唐津城この後は佐賀県の伊万里を抜け、唐津で一息。相変わらずギンギンの夏の日差しにやられっぱなしなので唐津城の見学は断念。珍しい海辺のお城という事で興味はとってもあったんだが、今日は山口県の真ん中辺まで行きたいので次回だな。唐津城の東に広がる日本三大松原である「虹の松原」を日除け代わりに駆け抜けて、左手に美しい玄界灘を眺めながら進むんだが…

お日様…もう勘弁して下さい…(ワープ準備)

実際福岡の市街地が迫ってきていた事も有り、今宿バイパス経由で高速道路へ。考えたら今回フェリーに乗る必要のあった鹿児島市街以外、全部大都市無視してるな(笑)まぁいいんじゃないのか。

関門トンネル(門司側入り口)福岡に博多に北九州を高速経由で何とかやり過ごし、九州上陸の時に降りた門司で再び一般道へ。高速の繋がっていない山口県の北部を進むので、帰り道は関門トンネル経由。

それじゃぁ九州また来るからなっ!

ちなみに関門トンネルの中は排気ガスでもの凄い熱気…あぁ…

…クーラー入れとけよっ!(無理)

山口県へモグラのごとく出てきた後は、残念ながら味気なくなってしまった下関駅と煉瓦造りの建物が建て並ぶ街に軽く挨拶をして、山口県の日本海側を進む国道191号を北上開始。

九州も暑かったが山口県も変わらず暑い…

特牛まで30キロ特牛という地名に無意味にニヤけたりなんかしながら(暑さでおかしくなってます…)目的地の長門方面へ。たかが60キロが遠いんだよこれが…

角島からの角島大橋で…ようやく辿り着いた角島大橋。前回来た時はスカッと爽やかな青空が広がっていたんだが…残念ながらやっぱりPM2.5の影響なのかちと霞気味。。。ま、冬場の空気が透き通った時期が一番いいのかも。

実は今回の目的地はこの橋の近くだと思っていたら、まだ10キロ程先の場所の模様。あれっ?もう16:30なんだけど…嫌な予感がする…急げ~っ!

「金子みすゞ記念館」入り口

17時僅か数分前に長門市の仙崎にある「金子みすゞ記念館」に何とか辿り着くも…右側の金子文英堂の入り口に手を掛けると…すでに鍵が掛かっていた。。。

あぁ…(涙)

すると中にいた職員?の方がやって来て、いかにもバイク乗りな格好なのに何故か泣きそうな顔をしている俺にこう語りかけて来たのであった。

職員の方 「遠くからいらっしゃったんですか?明日はこちらには…そうですか。あんまり時間はありませんが左の出口からどうぞ…」

俺 「…有り難うございます…(涙)」

お言葉に甘えて閉館間際(というかもう閉館時間)の館内を早足で見学させて頂いたのであった。何故ここの存在を知ったかというと、仙台を散歩していた時にたまたまデパートでやっていた「金子みすゞ展」だったんだよな。その時に角島大橋の写真も確か一緒にあって、一ヶ所にあるもんだと混同していたっぽい…(汗)

そしてまた、ここ「金子みすゞ記念館」で新たな事実を知る。どうやら九州への玄関口「下関」は「金子みすゞ」ゆかりの地(そして最期の地)だったのであった…あれっ…俺確か昼は下関に。。。ふっ…また来りゃいいのさ。それが男の生きる道。

「バイクでしょうか?いいえ、ひかりで」(やめろっ!)

「金子みすゞな壁」左から「金子みすゞな壁」右から

長門市仙崎を軽くぶらぶらした後は、長門市のすぐ北に位置する青海島の夏蜜柑原樹を見物。

「青海島の夏蜜柑原樹」入り口青海島の夏蜜柑原樹

何故目に留まったのかはさっぱり謎だが、ツーリングマップルをみていたら小さな記述に気が付いたのでやって来たのである。左が入り口の案内板。バス停の待合室の壁にある案内も地味だが…右の夏蜜柑原樹も地味である。が!何と正真正銘の「夏みかん」の原樹だそうでして、国の天然記念物。ありがたやありがたや。

この実を食ったら俺も人間国宝あたりに…(アホ)

「黄波戸温泉交流センター」「道の駅おふく(美祢)」にて

この後は、ちと長門市から西に戻って「黄波戸温泉交流センター」で汗を流して、今回のツーリングで初めてな気がする標高高めな道の駅「おふく(美祢)」で野営。久しぶりに涼しいよ。それにしても「金子みすゞ記念館」に間に合った?のは嬉しかったな。職員の方有り難うございます!

自動販売機とアマガエルそう言えば道の駅の自販機にアマガエルが何匹もいて可愛らしかったよ。

2013_08_16ルートこちらは今回のGPSログ。2日残してここまで来てれば一安心だな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。