ヘプコのサイドパニアケースに取っ手&マグネット式タンクバッグを吸盤式に

ヘプコのサイドパニアケースに取っ手

NC700Xを受け取って気になった部分を少々自作でカバー開始。今回は車体廻りの話では無いんだけれども。

ヘプコのパニアケースなんだが、トップケースはともかくサイドケースに取っ手が無かったので週末にジョイフル本田で買ってきた平ベルト&コキというベルトの長さ調整のプラスチック製の金具みたいなので取っ手を自作。程良い大きさのバッグ用肩当てパッドみたいなのがダイソーに売っていたのでくっつけてみたらそれっぽい仕上がりに(笑)これでキャンプ場やら何やらで左右2つ一緒に運べるよ。

一応サイドケースに立派な持ち手自体はあるんだが、1個を両手で持ち運ばないとならないのはさすがに不便そうだったので。ただ…蓋の部分を引っ張る形になるんであんまり重いとヤバイのかもしれないが。

壊れないでね。高いんだからさ。。。(願)

マグネット式タンクバッグを吸盤式に

お次はマグネット式タンクバッグを吸盤式にコンバート編。

パニアケースを付けた事で積載量的には文句なしのNC700Xなんだが、ガソリンタンクに相当する部分が樹脂製になった事で愛用のマグネット式タンクバッグがまともに使えなくなる事が事前に判明していた悩みの種だった。容量的な面では巨大なメットインスペースが増えたので全く問題ないのだが、ツーリングマップルやらNexus7でナビをさせるのにタンクの上に透明なスペースが欲しかったんだよな。

で…吸盤を簡単に取り付ける方法を以前から考えていたんだが、今回肩当てパッドをダイソーで発見した時、同時にキッチンコーナーでおあつらえの一品を見つけたのであった。

何と!吸盤にプラスチックのU字アングル付きで4個100円!(喜)

幸い愛用のマグネット式タンクバッグは傷防止用の起毛生地がバッグ本体に予め付いている関係で何もせずにベルトが通るのでありました。そんな訳でこちらも平ベルトで治具を作成。多分これで何とかなるんではないでしょうか(笑)

そんなこんなで…「エネルギー充填80%位っ!」(そう言えば目的地は決めたのか?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。