長野県の「丸十の井戸にポンプを設置しよう」ってなワークショップに参加など

丸十外観

お盆休みを丸々楽しみ…平日のケツの痛い日々を何とか凌いでやって来たこの週末。何となく疲れている気もするが、活用しているのとは程遠いfacebookで「井戸設置」なるイベントの存在を知ったので前日移動でやって来た。ちなみに前日の金曜日には前夜移動で長野県上田市の快活クラブに泊まり?まして…

結局…朝4時頃まで夜な夜なお盆のツーリングのブログ記事を書いていた俺…(アホ)

こんな感じに迎えた長野の朝は清々しい晴天でして、冒頭の井戸設置イベントへの参加の前に「戸倉観世温泉」で朝風呂を頂きま~す。

戸倉観世温泉オブセ牛乳

やって来たのは久々だけど、多分このブログで2回目の登場なんではないかな?朝5時から営業しているのがとにかく嬉しい。風呂上がりの牛乳ももちろん旨いしね。

そんなこんなで朝10時集合のポンプ設置会場へ辿り着きまして…

ペンキを塗るの図簡単な自己紹介の後、最初はポンプの台になる木材のペンキ塗り。髭を生やしたディズニーランド方面からやって来たっぽいおっさん(兄貴)&俺&土木学科の女子大生という最強の布陣ながら…子供達の「私も塗りた~い!」ってな要求にはやはり抗えませんで…ペンキの刷毛を手渡しましてこんな感じの光景に(笑)

分厚い扉の金庫

土台のペンキを塗り終わって乾くのを待っている時間を使って、建屋の見学など。本物の金庫の扉の造りはやっぱり凄いよね。実際、これを間近に見ちゃうと金庫破りに手を染めようなんて思う事は絶対無い気がするよ…(笑)

塩ビの井戸水を吸い上げる管

そしていよいよポンプ設置。こちらが水源まで降ろす長~い塩ビのパイプになります。実際に目にするととっても長いのね。全長7m位だったっけかな?

塩ビの井戸水を吸い上げる管を設置中パイプのしなりを生かして井戸へパイプを入れていきます。なるほどなるほど。こいういう手順なのね。もちろんパイプを接着しながら順次降ろしていく方法も取れそうだが、この手法が一般的っぽい。ちなみに脚立の上に立っているのは標高2000m以上で生活するのが基本な髭面の「兄貴」です。この程度の高さでは何ともありません。

(業務連絡) 兄貴…褒めときましたから…(笑)

塩ビの井戸水を吸い上げる管を設置完了塩ビのパイプは無事に折れる事無く井戸の中へ。ついさっきまで水鉄砲遊びに夢中だった子供達も徐々に集まってきます(笑)

「押し上げ機能つき手押しポンプ」そして今回井戸に設置するポンプは、地元の金物屋さんにデッドストックとして眠っていた「真空式」ポンプ。この形式の井戸ポンプ…今となっては非常に珍しいものらしく、ポンプの設置を取り仕切っていたプロの方でも今回で何と2度目の設置だそうな。

確かにこんな形の手動式のポンプは見た事無いよなぁ。それに最上部には負圧をセンサーに伝えるための取り出し口があるような気がするんだが…違うのかな?

俺のバイクの負圧式キャブにも付いているんで気が付きました…なるほどなるほど。

(注)井戸のポンプを色々調べてみた所「こちら」のサイトが分かりやすいです。

「水出ました!の図」で…ついさっきまで水鉄砲とシャボン玉に夢中だった子供達が井戸にやってきた(笑)まだ井戸水自体は濁っているんだけれども、子供達は皆「冷たい、冷たい!」との嬉しいお言葉だ。

「スイカ割り!の図」最後はもちろん「スイカ割り」で〆!(笑)

正直言ってワークショップと言うと電子系の何かしらにしか参加した事が無い気がするんだが、今回のワークショップでの経験は素敵なものだった。

そんな訳で、皆さん有り難うございましたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。