勝浦朝市 ~房総半島プチツーリング前半戦~

「勝浦朝市の魚」

八幡岬公園で迎えた朝はとっても爽やかないい天気っ!そんな訳で顔を洗ったりなんなりしまして…「来た時程度に美しく」の精神で臨時キャンプ場からテントを撤収。

さて!それでは勝浦朝市に向かいますかっ!…などと意気込む必要も無く、坂道を下るとすぐに勝浦漁港と勝浦朝市がお出迎え。勝浦は海と山の間にほんの少しの平地があるだけの外房の小さな街だが、漁港の周りには大型トラックが何台も停まっていたりと朝から活気がありますな。漁港の朝ってのは独特な活気があるのと、全く洒落っ気が無い雰囲気が個人的に大好きです(笑)

「勝浦朝市は月の前半・後半で場所が変わる」漁業関係者の方々の駐輪場らしき場所の隅っこにバイクを停めさせてもらって、勝浦朝市探索開始。どうやら月の前半と後半で朝市を開く場所が変わるみたいですな。月後半は商店街でやるみたいですが、前半は…思いっ切り路地裏でやるみたい。今回は前半なので路地裏版です。

「路地で開かれる勝浦朝市」冒頭の写真は朝市の魚屋さん。想像ではありますが…勝浦漁港で仕入れた魚をそのまんま売ってます(笑)それにしたって安いよ。でっかいサバが1本250円。もうすぐ「カツオまつり」が開催される旬の初カツオも1本700円かぁ…もしもここ勝浦に住んだら、毎日魚三昧の生活になりそうだネ。そして、日本三大朝市の勝浦に来てみて感じた正直な感想を一言。

ここは良い意味で観光地ではありませんネ。今でも地元の台所ですっ!(喜)

観光地では無いという言い方には少々説明が必要かと思うが、まったくもって素朴な光景が広がっています。高山&輪島の朝市には「観光客が求めそうなもの」が少々整備されたりしてますが、こちら勝浦朝市は全く着飾る気が無いというか何というか。単に自分が売れる物を持ち寄って集まりました的なのんびりとした雰囲気が今も漂ってますな。

「路地で開かれる勝浦朝市」時間の経過と共にお客さんが増えてきますが…相も変わらず呼び込みの声は掛かりません。欲しい物があったら声かけてねスタイルですが…馴染みのお客さんを引き金に結構売れてます。そりゃまぁ腰の曲がったお婆ちゃんがわざわざやって来て買っているお店は良さそうに思えるよね(笑)

「勝浦朝市 わらび餅屋さん」こちらはポーズをキメて下さったわらび餅屋さんの親父さん。

もちろん俺の「わらび餅」購入後の笑顔ですけれども…(爆)

【千葉県勝浦市】 いしい 「タンタンメン」【千葉県勝浦市】 いしい 店構え

朝市の真ん中にあった、本来なら別記事にするべき「タンタンメン」を「いしい」で頂きました。やたらと玉ねぎが多い…そして…旨い(笑)

【千葉県勝浦市】 夢てらす 「アイスコーヒーソフト」【千葉県勝浦市】 夢てらす 店構え

 勝浦朝市を堪能したあとは、勝浦朝市の入り口にある「夢テラス」にて「アイスコーヒーソフト」を。

勝浦朝市には分かりにくい場所に無料駐車場があったりしますが、このお店みたいに「駐車料金無料・案内も無料・帰り際にコーヒーでも飲んでって!」的な緩い縛りの駐車場?が結構ありますので、そういう場所に停めた方が楽しいかも。なんてったってこの店のおばちゃん、凄まじい勢いで勝浦朝市の解説してたからネ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。