【水戸市エクセルみなみ】 つけめんTETSU 壱の木戸 「味玉中華そば」

【水戸市エクセルみなみ】 つけめんTETSU 壱の木戸 「味玉中華そば」【水戸市エクセルみなみ】 つけめんTETSU 壱の木戸 店構え

日曜日は鹿嶋を出発した後のんびりと水戸で買い物をしたりなんかして、取手~下館と茨城県南部を電車に乗ってグルッと回って車内で本を読み読み。いやぁ…電車で本を読むのはぬくぬくでいいやね。

で、夕方水戸に戻ってきた後は水戸のらー麺街道で昼飯兼晩飯の一杯を。先週は「一本気」で食べたので、今回は「つけめんTETSU」にて。時間を外すとどの店も空いててすぐに入れるね。

つけめんTETSUと言えば間違いなく「つけめん」な訳だが、中華そばも旨いんです!と書かれた立て看板が気になって「味玉中華そば」をポチッとな。

食券を渡してさほど待つ事無く注文の一杯が到着。ぱっと見、つけめんの麺よりは細い麺なんですかね?それではスープから頂きま~す。

むっ!?個人的にはつけ麺のつけ汁よりも、こっちの方が好みかもっ!(喜)

つけ麺のつけ汁ってどうしても「濃い目」に仕上がっているんだが、こちらは中華そばなのでそこまで濃くはありません。最初っからスープ割りをしているような感じなんだが、そこまで単純な作りのスープなのかは正直分かりませんが…(汗)ただ、スープの味自体はつけ汁と同じ路線でして、あんまり塩っ辛かったり濃かったりしない分飲みやすくっていいなこれ。

お次は麺に行きますと、ラーメンの麺と言うよりはパスタと言った方が雰囲気が伝わるかな。たださすがにパスタでは無いので四角い断面のストレート麺でして、つけ麺の有名店ってのは大体においてそういうもんだが…この麺も当然の事ながら旨いっ!

ズルズルと食べ進めながら具の紹介などを。チャーシューが一枚と味玉、ナルトに刻みネギにカイワレ大根とメンマ。意外とどうして具沢山です。チャーシューは程良い噛み応えのある仕上がりでして、旨みも十分。味玉もしっかり味が付いているし、メンマのコリコリ感もバッチリです。

ま、具も当然の事ながら人気のつけ麺で使われている品々でしょうから旨い事もうなずけますな(喜)

ドンブリが以前東京ラーメンストリートの二代目けいすけで食べた「伊勢えびそば」のドンブリほど奇抜ではありませんが、上にいくにしたがって絞られている形状なのでちょっと食べにくいのが唯一の難点かな。ま、そんな事は気にも留めずにスープまで完食です。

それにしてもこの一杯は「立て看板に偽りなし」な一杯でした。ご馳走様でしたっ!また伺います。

「つきたてきな粉餅&あんころ餅(50円)」「取手宿ひなまつり縁日会場」

ちとおまけ的ではありますが、取手駅近くで開かれていた「取手宿ひなまつり縁日」の様子というか頂いた物などを。バンド演奏が行われている大型トラックの荷台のステージをセンターにコの字型にお店が出てまして、店先で体験もちつき大会?が行われていたお店でつきたてのお餅2種類(きな粉もち&あんころもち)を頂きました。これで50円って言うんだからこの手のイベントは大好きです。日が当たっている昼間は程良く暖かく感じられる日も増えてきました。いよいよ春ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。