鹿島宇宙技術センターの施設一般公開に行ってきた

微妙に腹が痛いという個人的事情により家でグダグダしていたのだが、何となく持ち直してきたので御近所の鹿島宇宙技術センターの施設一般公開に行く事に。

今でも高速バスの停留所的には「鹿島宇宙通信センター」だと思うけど、どうやら施設の名前が変わったらしい。

やや傾いている「施設一般公開」を目印に(海風だよ、一々いじるな)、この一帯なら当然存在する大駐車場にクルマを停めて見学開始。今ではVLBI(超長基線干渉計)の研究・観測がメインの施設となっているが、1960年代の創立当初は衛星中継の研究がメインだったとの事。そんな関係で1964年に開催された東京オリンピックの日本側中継地上基地がここだったそうな。

小さめの規模の施設なので「こっ…これは!」な展示は少ない気がしますが、工作教室から出て来た子供達が手にしていたのは…

…無線機じゃね?(あれ欲しいよぉぉ…)

大人なので施設の裏に子供達を連れていって強奪したりはしませんで、波の伝搬可視化装置をガン見して勝手に納得。魚の背骨みたいに繋がっててホントに波をそのまま可視化。なるほどね。

とにかくパラボラアンテナだらけの施設なんだが、一個一個が具体的に何をやっているかまでの解説までは無いので…

一個位、宇宙人との会話専用なんじゃね(疑惑)

壁に「だ~っ」と展示されていた鹿島VLBIニュースというトピックスみたいな奴、どれどれどんな事が書いてあるのかな?とたまたま覗き込んだ一枚が「不死鳥「はやぶさ」、通信機能の復活を34mアンテナで確認!!」という内容…完全に埋もれてる。

「これだけ金色の額縁か何かにしとけよ!」(マジ)

最近、相撲界に次いで電波界に進出したと噂のデーモン閣下のポケットティッシュを頂いたりなんかして、いよいよメインの34mアンテナ見学へ。

実はここ鹿島宇宙技術センター、通勤途中に通り掛かるルートの一つだったりしてこのアンテナ自体は何度も目にしているんだけど、基本的に水平線方向に向ける理由が無いからなのか真上を向いている状態しか見た事が無かったので、横を向いているだけでちとビックリ。

アンテナが回る基台部分をガン見していたら、ヘルメットを被って上まで登れるという事なのでヘルメット着用。「手すりは両手で保持!、左右確認の指差し確認の徹底!、高所作業では…」という安全確認の数々が走馬灯の如く我が脳裏を巡りまして…

「ご安全に!」(御近所の新日鉄住金仕込み)

パラボラアンテナの内部というか、現場チックな外階段を登ってパラボラアンテナの中心部外側に到着。

送受信ユニットはパラボラアンテナの出っ張っている部分にあるのでこの場所自体に特別な意味は無いけれど、雨水が溜まるのはまさにこの部分だろうから構造物としては大事な部分だろうな。

見学中の皆さんは地元の方々のようで(含む俺)、ひとしきり自宅の方を眺めた後は皆で海風に吹かれつつ職員の方の説明を聞く。

鹿島宇宙技術センターが出来た頃のこの辺りの様子(早い話が超ド田舎だったらしい)や当時の観測の様子(当時としては非常に珍しい、セシウム原子時計(超高精度)がたまたま?ここに存在した事が大きかったそうな)やら、現在は先行的な研究を行って、その後は国土地理院に引き継いでもらって…等々。完全に手を引いてしまうとその分野の研究グループから追い出されてしまうので、昔の研究も多少手伝ってます的な大人の発言がチラホラ(笑)

結構先端的な事やってるのね(驚)

色々話を伺って皆で質問とかしていたら、説明をしている方の携帯が鳴る。どうやらこういう内容だったらしい。

「そろそろパラボラアンテナ回す時間だから降りて来いや!」

一同爆笑した後で、パラボラアンテナから降りるのでありました(笑)

「別に危険性とかは無いんですけどねぇ…」とかいう説明者の方のぼやき(笑)と共に皆で下まで降りまして、結構な速度でグリグリ動くパラボラアンテナを眺めたのでありました。

最終的にスタンプラリーで全部スタンプを集めたので激レアと思われる「鹿島宇宙技術センタータオル」を頂き、アントラーズと甲府との試合前で盛り上がる鹿島サッカースタジアムの脇を通って帰宅。久々にテントを洗ったりという土曜日なのでありました。

【四連休最終日】 ひたすら飲んだくれて北海道から帰宅編

無事に5:30前に目覚めまして、釜石沖で本日の日の出を拝む。

6時からは朝風呂。そして朝酒。規則正しい健康的な生活である(アホ)

朝7時半にさんふらわあ さっぽろの食堂で朝飯。特に何かをやっている訳では無いが腹は減る。

朝飯の後は甲板のイスに座ってひたすら海を眺めながら過ごしまして…

食堂の昼の営業は無いので北海道で買っておいた「やきそば弁当」が昼飯。

何とスープ付きだよ!(食い物以外に何かネタねぇのかよっ!)

グダグダに過ごしたフェリー生活もいよいよ終盤。予定通り14時ちょい前に大洗港に入港。お仲間が停泊中だな。

大洗港フェリーターミナルからは大洗駅まで散歩。雨降って無くって良かったよ。

前回は山側だったのでまわれなかった茨城県北芸術祭の日立駅会場をちと見物。それにしてもガラス張りの駅舎になってお洒落になったよな日立駅自体。

日立駅で買った茨城県北芸術祭、唯一の公式ロゴ焼印入り大みか饅頭と大甕駅の標識で今回の北海道フェリーツアーの〆。

グダグダだ…グダグダ過ぎる…(最終日だからね)

【四連休初日】 フェリーに揺られてのんびりと 苫小牧から札幌編

さんふらわあ だいせつの朝

昨日は何だかんだで3時半頃まで起きていたので、お目覚めは気仙沼沖の朝9時頃。外は雨が降っているというか窓が潮水で濡れているだけっぽい。

朝飯からビール朝風呂とあひる隊長

大洗←→苫小牧の深夜便は食堂が無いので、スーパーで買っておいたパンとつまみで朝飯。飲み物はビール。ま、俺だけじゃなくってみんな朝っぱらからビールを飲んでいた。

苫小牧に到着するの夜だしね(暇)

俺もこれと言ってやる事がある訳でも無いので朝風呂に。あひる隊長もご満悦の模様。

風呂上がりにはビール

そして風呂上がりにはビール(暇)

魹ヶ埼灯台

本州最東端の魹ヶ埼灯台をフェリーから眺め…

昼飯の焼きそばとビール昼飯は買っておいた焼きそばとビール(暇)

…ビール飲む以外の写真ねぇのかよっ!(無い)

こういうダラダラな時間は結構好きだったりしてまして、今は無き沖縄~東京を2泊3日で結ぶフェリー飛龍21でも何とも無かった実績がある(堕)

夕日とタンカー苫小牧港入港中

グダグダに過ごしている間にも時は流れまして、予定通り19:45頃に苫小牧港に到着。

(俺)「あひるよ、これが苫小牧の灯だ。」
(あ)「…隊長を付けたまえ。」

既に飲みに繰り出す時間になっている事もあり、苫小牧港から苫小牧駅まではタクシーで移動。バスだと接続が悪くて更に遅い電車になってしまうもんで。

苫小牧駅まではそれなりに距離があった関係で、タクシーの運転手さんと色々会話。どうやら苫小牧駅の東側にイオンモールが出来てから、苫小牧の市街地が寂れてしまっているとの事。それから冬場の冷え込み方が緩くなってきたような気がするとも。サンマの脂の乗りが悪くなったけれど、同時に北海道の米が旨くなったとも言ってたな。苫小牧市街地の発展に関しては、市が王子製紙に工場を移転してくれと申し入れた事があるらしいんだが…「お前らが後からやって来て、駅だの何だの作ったんだろう。」と全く相手にされなかったそうな。

ま、そりゃそうだ(笑)

苫小牧駅札幌駅

苫小牧駅から札幌までは普通に電車で。途中、外の気温を知りたくなってスマホで調べてみた所…新千歳空港 4℃。

ふざけてんの!?北海道っ!(寒)

すすきのカプセル・イン札幌

地下鉄ですすきの入りして「カプセル・イン札幌」に無事チェックイン。今回到着時刻が遅くなりそうだったんで、深夜でもOKなカプセルホテルが丁度良かった。今回は何とか22時頃に到着。

それに安いしね(貧)

この後は、すすきのの街を赤提灯求めて彷徨ったんだが、金曜日のやや夜遅くと言う事で閉店間際&既に満席のオンパレード。もうダメだ、世界の山ちゃんがあるからここにしちまうか…と思ったら、遂にカウンター席が空いているそれっぽい店を発見。

すすきのでホッピーすすきので焼肉

いや~見つかって良かったよ。干からびるかと思ったからな。それではフェリーと北海道に乾杯!

【北海道札幌市】 すみれ札幌すすきの店 「ラーメンセット」【北海道札幌市】 すみれ札幌すすきの店 店構え

飲みながら焼肉を食べた後は、超有名ラーメン店「すみれ」へ。味噌ラーメンセットで〆。

ラーメンは別腹ですっ!(旨&寝)

2016_10_06_7ルート

こちらは昨日~本日のGPSログ。抜けてる部分を勘案すると移動距離は900キロ位かな。さんふらわあ だいせつではご存じの方も多いかと思うけれども、以前火災が発生して船員の方が一名亡くなっています。ご冥福をお祈り致します。