梅雨入り前に走っとけ ~母校と秩父と富士山と~

熊谷西高校

梅雨入りする前のこの時期が一番ツーリング向きな季節という事で、当然の事ながらキャンプツーリングへ出発。富士山が世界遺産に登録されるという事で、目指すは西の方。

俺ってほんとミーハーなので(笑)

富士山方面というと静岡方面からってのもあるが、今回は秩父を抜けて山梨側からアプローチする事に決定。近くの日立太田ICから高速に乗りまして、群馬県の太田桐生ICまでワープ。

国道407号で埼玉県の熊谷市へ下り、久々に我が母校「熊谷西高校」の校門前へ。校舎も校門も当時から全く変わっていないが、広大な小麦畑のど真ん中という立地も相変わらず。高校生時代にトロンボーンを朝から晩まで外でガンガン吹いてたけど…

文句言ってくる近隣住民自体が存在していないという奇特な立地…(爆)

久々に鼻歌で校歌を歌ったりしつつ、国道140号経由で秩父方面へ。

【埼玉県小鹿野町】 夢鹿蔵 「ハングオンバーガー」【埼玉県小鹿野町】 夢鹿蔵 店構え

途中ちと寄り道しまして、バイクによる街おこしでバイク乗りにはお馴染みの小鹿野町でランチ休憩。町内中央に位置する屋根付きバイク駐輪場に隣接する夢鹿蔵でお店の方とおしゃべりしたりしながら「ハングオンバーガー」を頂いたのでありました。分厚い肉が横にはみ出している雰囲気で、ハングオンを表現しているそうです(笑)ま、名前はともかくとして味は旨いので皆様も是非!

どうやら茨城県や千葉県から結構バイク乗りがやってくるそうでして、きっと程良い距離なんだろうなぁ…と感じる俺なのでありました。ご馳走様でした。また伺います!

再び国道140号に戻りまして、雁坂トンネル経由で山梨県入り。山梨側はとにかく天気が良く、停まると汗ばむ陽気の中をのんびり走って…石和温泉のスーパーで晩飯の材料を買い込んだりして本日の宿泊地「精進湖キャンピングコテージ」へ16時過ぎに到着。

精進湖キャンピングコテージ

そんな訳で珍しく明るい時間に設営完了。風向きの関係で富士山に背を向ける形でテントを設営したんだが…

精進湖と富士山テントの向こうに精進湖と富士山が見えるという素晴らしい環境のフリーサイト(自動車・バイク乗り入れ可)なのでありました。ただ、予約不可でこの環境という事もありGWやお盆休みなどのトップシーズンはとっても混み合うそうなのでお気をつけ下さいませ。

晩飯今宵もカツオの刺身をパクつきながら火熾しをして「笑’s B-6君」で炭火焼き大会。ちなみに酒はミーハーなのでスーパーで見掛けたその名も…

「富士山」(爆)

笑’s B-6君で焼くステーキこちらは本日のメインディッシュ「281円のオージービーフステーキ」。焼き台が小さいからやたらとデカく見えるよなぁ(笑)そう言えばこのキャンプ場、山田屋ホテルの真ん前にあるんだが…俺このホテルに学生オケの春合宿で来た事あるんだよ。何だか懐かしいなぁ…などと思ったりしながらのんびり酒を飲んでいたのでありました。

桔梗信玄餅今宵最後の〆は山梨が誇る甘~いスイーツ桔梗信玄餅。きな粉に黒蜜をかけまして…

ゲホッ…(お約束)

2013_05_25ルート

こちらは今日のGPSログ。山中湖周辺はアホみたいに渋滞する事が多いので、交通量の少ない秩父側からのルートはお勧めです。明日はやっぱり富士山だろうな。

【秩父市】 道の駅 あらかわ 「行者にんにくソフト」

どうやら今週末は土日ともそれなりの天気らしいので当然のごとく出掛ける訳なのだが、水戸の南海部品に注文しておいた「メーターケーブル」を今週末に受け取っておかないと受け取り忘れてしまいそうな気がしたので朝早く出掛けたい気分を抑えて、まずは下道で水戸の50号バイパス沿いの南海部品へ。

問題なく部品を受け取って再度走り出したのが10時20分。ここから「予定は未定」の週末ツーリング開始な訳だが、ここまで来てしまっておいて水戸から高速ってな気分にはならなかったので、毎度毎度の国道50号を使ってとりあえず西方向へ。日立に住んでると海があるので最初の走り出し方向が絞られる上に、冬の間のイメージを引きずって北の方へは向かわない期間は、どうしても単調な道を走るようになってしまいがちなのがネックだよなぁ。。。まぁGW近くになれば、雪の心配もいらなくなる&冬季閉鎖道路が開通するんで、北に向かう機会も増えるかな。

佐野のガソリンスタンドで給油したりトイレに行ったりした後、今日の予定を地図を片手に真面目にルートを考えるのだが…先週行田でフライ喰ったばっかだし、高崎の方へ向かうと、北と西方向がまだ「冬モード」で身動き取れなくなりそうだし。。。あ…あっち方面ならもういい季節だろうな。

毎度毎度のいい加減さで、今日の行き先が決まりましたっ!「秩父」方面です(爆)

「秩父~熊谷」周辺はかつて自分の通っていた高校の学区だったこともあり、それなりに土地勘があるので大して地図は見ずに、国道407号を熊谷警察前で国道140号に乗り換えて秩父入り。「道の駅 ちちぶ」へ寄ろうとしたが、人と自動車でごった返していた&半分は隣の商業施設のお客さんみたいだったのでここはパス。もう少し西へ進んで…午後2時30分にようやく「道の駅 あらかわ」で一休み。途中ガソリンを入れたとはいえ、飲まず食わずのぶっ通しで秩父まで来ちまった。適当に走ると、どうしてもこうなっちゃうんだよなぁ…(汗)

 

【秩父市】 「道の駅 あらかわ」 行者にんにくソフト

こちらの道の駅で何か食べようとしてメニューを見ると、こちらの名物の「行者にんにく」を核としたメニュー構成になっている。「行者にんにくラーメン」なるものもあったのでコレにしようかとも思ったのだが、ラーメン以上に喰いたくなったのが「行者にんにくソフト」。バイク乗りなら分かってもらえるだろうが、ツーリング先で食べる「ご当地ソフトクリーム」がここ数年来「熱い」のだが、今まで味わった数々のソフトクリームを思い出して名前を比べてみても、どう考えてもこいつは異彩を放っている。

だいたい、ニンニク味のソフトクリームって何なんだよ?(爆)

そんな訳で、若干怖いモノ見たさ的なのりも込めて「380円」もする「行者にんにくソフト」を購入。まずは普通のバニラソフトをお馴染みのマシーンで作りまして、その上から緑色のペースト状の液体をかけまして…最後に緑色のペーストがまぶされたラスクらしき物をのっけて完成の模様。それでは頂きま~~~すっ!

…通常の人生を送っている限り、味わう事などあり得ない組み合わせの味がします…(爆)

誤解をされるとお店の方に申し訳ないので真面目に書きますが、ベースのバニラソフトがかなり濃厚な部類です。その上にかかった「行者にんにく」部分ですが、想像した程にんにくの香り&味がする訳ではないんですが…似たような味の物を食べた経験が全くない組み合わせなので、「何と言えばいいのか…」的な表現になっちゃうんですよね。恐らく皆さん嫌いな味では無いと思うので、是非一度食べてみてください。その後で互いに味を語り合いましょう。多分こんな感じのやりとりになると思います。。。

「あのソフトクリームの味ってやっぱりさぁ…うんうん…やっぱそうだよねぇ…」

「行者にんにくソフト」の味だよねぇ(爆)

【行田市】 フライの店寺田 「ミックスフライ(大)」

【行田市】 フライの店寺田 ミックスフライ

【行田市】 フライの店寺田 店構え

秋月で買い物をした後は、B級グルメを頂きに埼玉県は行田市へ。かつてJR「行田駅」の近くに住んでいたことがあるのでそれなりに親近感はあったりするが、実際の所「JRの行田駅」と「秩父線の行田市駅」では全く違う場所なのは確か。今回は街中をバイクで流していたら目にとまった、行田市の中心地にある「行田市駅」近辺の「フライの店寺田」へおじゃましました。

店の横に駐車場(小さめの車2台分かな)があったので、すみっこにバイクを駐めてお店の中へ。人当たりの良さそうなおばちゃんにミックス(フライ&焼きそば)を注文。しばらく待つと「待ってました!」の一皿が到着。いやぁ…この店じゃ無いんだけど昔さんざん食べたんだよなぁ(喜)

それでは頂きま~す!最近B級グルメの紹介番組やら何やらが多いのでご存じな方も多いかと思いますが、行田の「フライ」ってのは小麦粉に肉やら何やらを混ぜ、クレープ状に焼いた上にソースを掛けて青ノリを振り掛けた、お好み焼きの出来損ないみたいな物。そうは言ってもこれが旨いんだからたまらない。今回は焼きそばとのミックスをお願いしたので、ぷっくら膨らんでいる部分には焼きそばが入ってま~す。富士宮焼きそばといい行田のフライといい、世の中に安くて旨いもんは溢れてますなぁ(喜)

ポットに入っていた「ほうじ茶」を食後にもう一杯頂きましてお店を後にしました。ご馳走様でしたっ!