【喜多方市】 まこと食堂 「中華そば」

【喜多方市】 まこと食堂 「中華そば」  【喜多方市】 まこと食堂 店構え

朝7:15頃に、喜多方市役所に到着。オフシーズンと言う事もあってか、会津若松から喜多方へ向かう国道121号はガラガラ。今回は久々に「まこと食堂」へ向かいます。市役所の東側の道を北の方角へ歩いていくと、特に店先に行列が出来ている事もなく入店。左と右に似たような扉がある面白い作りなんですが、左側が厨房兼テーブル席で右側が座敷席になってますので、良く分からなかったらとりあえず左側に入りましょう。人数を伝えると「それでしたら右側へ!」とか言ってもらえるので。

程々に埋まった店内で、今回注文したのは「中華そば」。一度囲炉裏のある真正面の小部屋で食べてみたいなぁ等と思いつつ、新聞の地方欄に面白いネタはないかと目を通しているところで注文の一杯が到着です。ふむふむ、今回は以前感じた濁りが少ない気がしますな。それでは朝っぱらから頂きま~す!

何となく以前と印象が違う気はしますが、旨いですっ!(喜)

近所の方はいいよなぁ…その気になれば、毎日でも朝っぱらから食べられるんだから。スープの印象はやっぱり前回と違うかも。前回は濁りがあって出汁的に濃いような印象でしたが、今回はいわゆる醤油の直球ストレートってな感じで、喜多方ラーメンの王道を進んでいるようなスープです。塩辛くはないので個人的にもストライク。レンゲがないのでドンブリごとズルズルやった後で麺へ行きます。麺は幅広の麺が多い中、ここ喜多方の地ではやや細めの縮れ麺ってな所でしょうか。まぁ大した数の店を食べ歩いた訳ではないのであくまで個人的な印象ですが(汗)表面がツルツルしている麺なので喉越し爽やかです。
具は刻みネギとメンマに薄めのチャーシューと見た目的にはいたってシンプルですが、何というかドンブリに麺がぎっしり詰まっているタイプなので、全体としては結構ボリュームのあるタイプです。

ここで前回の記事を読み返したところ、前回はお昼間近に食べていた模様。そうか…朝一とお昼時でスープに違いがあるかもですね。でもこの変化の仕方なら、朝はさっぱりしていて時間が経つにつれてこってり感を増していくという狙いがあるのかも…なんて思ったりして。

そろそろ秋が迫ってきていまして今年喜多方にバイクでやって来られるのは実質1ヶ月ちょいですが、もう一回くらいは朝にやってくるんじゃないかと思います。その時にどの店に行くかは、嬉しい悩みになりますな。ご馳走様でした!もちろんまた伺います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。