【白河市】 とら食堂 「焼豚麺(チャーシューメン)」

 

過去何回か店の前まで来たことはあったが、あまりの行列の長さに入店を断念し続けてきた有名店「とら食堂」。夏休み明け後の平日という事で、今日ならそれなりに空いているんでは?との期待は見事に的中しまして、店の前には3名のグループが待っているのみ。どうやらファミリーレストランの入り口などで時折見かける「代表者と人数」を書いて呼ばれるのを待つ仕組みのようなので書きまして、待つこと少々で店内へ。

そうだなぁ…やっぱチャーシューメンがいいんではないかな?と言うことでこちらをオーダー。他にも出来上がり待ちのお客さんが結構いた関係で少々待ちまして、ついに注文の一杯がやってまいりましたっ!ほうほう…これが「とら食堂で修行しましたっ!」という話をよく聞くお店の一杯ですか。それではいつものようにスープから頂きま~す!

おっ…意外とあっさり系…こいつは旨いっ!

今では醤油スープで物凄く旨みの濃いスープもあったりしますが、この位スッと入ってくるスープもまたいいですね。強すぎる塩気を感じることもなく、個人的な好みにも合致。こりゃいいや。

麺は平打ちの縮れ麺で、言葉だけだと喜多方ラーメン的に聞こえるかもしれないけれども、こちらは結構な細麺です。細麺の割には結構弾力がありますね。具はチャーシューに輪切りのネギ、メンマ、ナルト、ノリにほうれん草。それから刻みネギがテーブルに用意されてます。チャーシューの枚数はさほど多くないものの、香ばしい仕上がりなので満足感は十分あります。それからドンブリの深さが結構深いので、全体的に軽めな味わいながらも実は量が結構多めです。
なるほど…この味の下で修行を積んだ方々が各地にいる訳ですか。確かにこの一杯は旨いと思います。そういえばこの店で修行した鹿嶋の「青龍」、今回本家で食べてみてあらためて旨いって事を再認識した気がするなぁ。
いやぁそれにしても、ようやく食べることが出来て嬉しい限り。ご馳走様でしたっ!また来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。