【北茨城市】 長浜ラーメン あづま 「長浜ラーメン+半チャーハン」

【北茨城市】 長浜ラーメン あづま 「長浜ラーメン」   【北茨城市】 長浜ラーメン あづま 「半チャーハン」
【北茨城市】 長浜ラーメン あづま 店構え

昨日は存分に電車の旅を楽しんだ事もあり、目覚めたら昼過ぎに。。。正直どうしようかと思ったんだが、8月最後の天気の良い週末と言う事で少々バイクでお散歩を。さてどこに行くかなのだが………あっそうだ。昔、奥久慈の「なかざわ」のマスターに教えてもらった「今は工事中だけど景色がいいから今度行ってみてごらん」てな道があったな。よっしゃ!行ってみっかっ!

んでもって、袋田の滝側から「なかざわ」の店の前を通って山道へ。結論から言ってしまうと来年の2月頃まで工事の為通行止めなので通り抜けは出来ないみたい。

2010_08_29_奥久慈ルート

白木山と高崎山の間のルートは、ちょっとした集落に到着後、先に進めそうな道が全て工事中で、右下の方に伸びている道路は「奥久慈グリーンライン」と書かれた札のあった物凄く新しい道なのだが、作っている真っ只中なので途中でいきなり終わってしまいます(汗)そうそう、途中の急坂部分が何故か部分的に未舗装なので、まぁ登る時は大丈夫だと思うが、下る時にオーバースピードで突っ込んで、あせってブレーキを掛けたりすると滑って転けるから注意が必要だな。ん?俺はどうだったかか?

もちろん「やばかった」ぜっ!(爆)

軽くリアを掛けただけなのに豪快に「意図しない」ブレーキングドリフトをかましてやったぜっ!(汗)

結局クネクネ道を走り続けて「なかざわ」の店の前へ。この後はちょっとばかり色気を出して福島県の矢祭を過ぎて国道289号まで北上したら大雨が。。。こんな時に限って「今日は雨降らねぇからカッパはいらねぇなぁ…」などと、わざわざカッパを降ろしてやって来ていたりするのだなこれが(涙)

雨には全く無力なフルメッシュジャケットと、内側に浸水するととっても気持ちが悪い革パンが程良くビシャビシャになった所で雨が止んだ。幸いなことに、北茨城市の未訪問店「あづま」に到着する頃には、見た目的には普通の状態にまで乾いてくれたよ…(爆)

そんな訳で、東北方面から国道6号経由で南下している時に見掛けて気になっていた「長浜ラーメン あづま」へ到着。今日もグダグダな日にありがちな「昼飯抜き」ツーリングな為、本当のラーメン好きなら選択しないであろう「替え玉よりも飯」という理由で「長浜ラーメンと半チャーハン」の食券をポチッとな。麺の固さは普通で良かったんですが、チャーハン食べてると伸びそうな気がしたので固めでお願いしました。

ちと携帯でyahooNewsを見ながら待っていると、「ゆで卵サービスですっ!」との声と一緒にゆで卵が。えっ…このタイミングで殻付きで渡されても困る気が…ちとヤバイ気がしたので急いで皮をむいていると、むき終える前に案の定…「長浜ラーメンお待たせしましたっ!」と本丸が到着(汗)急いで手を拭いて写真を撮ってレンゲを手にしようとすると「半チャーハンお待たせしましたっ!」(汗)これまたパチッと一枚撮りまして、ようやく「急いで食べないといけない気がする」一杯へ。それではスープから頂きま~す!

う~ん…もっと濃厚なトンコツを期待してたから期待とのギャップがちと大きいなぁ。。。

あくまでも個人的な感覚としてですが…何と言いますか、美味しいんですが「旨い」とは違う気がしました。麺の固さというか茹で具合も申し分なく、大ぶりなキクラゲもノリも美味しく頂けたし、小振りなチャーシューの塩味も丁度いいんです。

…だけど、トンコツの「ワイルドさ」も一緒に消されてる気がするんですよね。「長浜ラーメン」なんだし、もっと「トンコツ臭くて」いいんじゃないかと思ったりしますが…違うのかなぁ。。。俗に言う「ライトトンコツ」とは違う「ライト」さを感じたスープでした。

で、あと「半チャーハン 」なんですが…

旨~~~いっ!ええっ!?なんでこんなに旨いんだっ?!(驚)

塩加減、パラパラ感、刻みチャーシューの塩加減も絶妙で、旨い炒飯の「ど真ん中」にいますです。複雑な味がする訳では無いんですが、これを旨くないと言う人は少ないんでは?ってな旨さです。

もしかして…ラーメンのスープは色々試行錯誤中なのかもしれません。チャーハンに関しては…高級な具材が入っていないチャーハンの中では出色な旨さです。茅ヶ崎の「タンポポ チャーハン」位旨いと書こうと思って今調べたら…閉店したのかっ…(涙)何という喪失感。。。

ま、国道6号沿いなのでまた伺います。こんなにチャーハンが旨いなら、チャーハン(スープ付き)「600円」をいきなり選択でもいいかなと思ってます。ご馳走様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください