梅雨明け最初のキャンプツーリング ~大文字キャンプ場編~

中尊寺ともう一ヶ所位は廻れるんではないかという当初の企みは、巨大ソフトクリームに心を奪われた関係で叶わなかったが…ま、いいんじゃねぇかな。また来ればいいだけの話だし。

公共施設が閉まる17時が迫ってきたので、今日泊まる予定の「大文字キャンプ場」に急いで移動開始。中尊寺の駐車場から15分程度の距離に無事キャンプ場を発見しました。複雑な道順という訳ではないんですが、山の中腹にある集落を抜ける部分で道を間違えると多分迷子になってしまうと思うので、明るい時間帯に到着するのがお勧めです。一応曲がり角に「大文字キャンプ場 →」とかの札はあるんですが、小さめなんで夜だと見落とすかもです。

利用手続きのために管理棟に行ってみると何やら張り紙が。利用する場合は電話をくれとな。書かれている番号に電話をすると、軽トラに乗った管理人さんが現れた。市営のキャンプ場のようでして、いかにも「書類」チックな用紙に住所と氏名を記入して、料金200円を支払いまして手続きが無事終了。ここで管理人さんが一言。「今日は誰もいないから、この部屋使ってもらって構わないから。」

えっ…誰もいないの?出会いを求めてキャンプ場に来たのになぁ…(涙)

まぁ気にしても仕方がない話なので取りあえず荷物を管理棟の部屋にぶっ込んで、ツーリングマップルで温泉を探しますと…近くに「舞鶴の湯」ってのがありますな。晩飯の買い出しついでに行きますか。

キャンプ場のある山を下りまして、少々走って「舞鶴の湯」に到着するも震災からの復旧工事中で営業して居らず(涙)
*9月中旬に営業再開の模様です。詳しくは「舞鶴の湯」公式HPをご参照下さい。

   

この後、ツーリングマップルに中尊寺近くに温泉マークを見掛けたので行ってみるものの発見できず、結局風呂は抜きにして晩飯&酒を買ってキャンプ場に戻ってきた。もしかしたらお仲間が増えているんでは?という淡い期待は見事に打ち砕かれ、小雨が舞ってきたので管理棟の軒先でひとり宴会開始。

   

岩手の酒と気仙沼産の鰹のタタキが今晩の主役。右は牛タン塩焼き調理中の図。

それでは…岩手に乾杯!

こんな感じに宴会をやり、テントは立てずにマットに寝袋を広げるだけで雨に濡れることなく寝られるというもはやキャンプと呼んでいいのか良く分からない環境でツーリングマップルを眺めながらお休みなさ~い。

それでは、昨晩から今日のGPSログを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください