【土浦市】 らーめん 大葉 「大葉らーめん薬味増し」

20:00丁度に土浦駅へ到着。土浦で一杯頂いて、20:58の電車に乗りたい…というか乗らないと水戸で長~い電車待ちをする羽目になるんで、今回も小櫻はお預けだな。茨城の代表的な有名店なのにまだ行った事ないんだよなぁ(汗)

そんな訳で駅の近くという条件付きで検索してHitしたのがこちら「大葉」。どうやら千葉のご当地ラーメン竹岡式のラーメンを出しているとの事で、かつて頂いた「梅乃家」のような強烈な一杯が出てくるのかどうか楽しみですな。駅から歩いて5分位の場所に無事お店を発見。L字型のカウンター席に座りまして、「大葉らーめん(竹岡式ラーメン)」と「薬味増し(タマネギみじん切り)」を注文です。

しばらく待つと注文の一杯が到着です。竹岡式ラーメンを頭に思い浮かべて待ちかまえていた事もあり、スープの黒さは想定内です(笑)それではスープから頂きま~す!

おっ…確かにこれは竹岡式。だけど梅乃家のジャンキーさがこのスープには無いですな。何というか…上品さを感じる位で素直に旨いです。ただ、薬味のタマネギと一緒にスープを飲むと、普通のラーメンでは味わう機会のあまりない苦みを感じるあたりの味的なインパクトはこの一杯にもありますね。麺は細麺ストレートで、スープと一緒に食べ進めるのがいい感じですな。具は薬味の刻みタマネギにメンマ、炙りチャーシューに味玉半分にノリ。この一杯のスープのベースになっている炙りチャーシューもいいんですが、やっぱり薬味(刻みタマネギ)の存在が大きいです。タマネギ嫌いな方にはさすがに勧められませんが、薬味は入れた方が竹岡式っぽい気がしますな。そんなこんなでもちろん完食で~す!

千葉の人気店「梅乃家」もこれくらい平和な味だと観光客のみんなも幸せなのかもしれないが、さすがにそれは本末転倒かな(汗)

竹岡式に興味があって、まだ食べた事が無い方はこちらで一度食べてみるってのは十分有りですね。梅乃家との比較という意味では「味&雰囲気的なジャンキーさ」と「おばちゃんパワー」に関しては、竹岡でないとさすがに味わえませんが(爆)

土浦駅から程良く近く、つけ麺もやっているとの事なのでまた伺うかと思います。ご馳走様でしたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください