【千代田区】 めん徳二代目つじ田 「二代目つけめん」

【千代田区】 めん徳二代目つじ田 二代目つけめん

【千代田区】 めん徳二代目つじ田 店構え

八王子で一杯頂いた後、やっぱ買っておきたくなった電子部品が思い浮かんだ為、もう一度秋葉原に向かうことに。神田から秋葉原へ歩くことは結構あるので、今日は天気もいいのでお茶の水から散歩開始。この界隈もラーメン屋が多そうなので、今の時間でも営業している近所のお店を「超らーめんナビ」で探してみると…「めん徳二代目つじ田」という、聞いたことある気がするお店がHit。ただ…八王子で食べてからあんまり時間が経っていない気がする事だけがちと気になるが(爆)

御茶ノ水駅から古本街の方へ坂を下っていって、今日は靖国通りを万世橋方面へ。すぐにそれと分かる店先の行列。こんな時間でも並んでるのかぁ…大人気だなぁ。店の外に7人ほど並んでましたが、他に知っているお店が有るわけでもないので待つことに。それなりのペースで待っているお客さんが店内に飲み込まれていきまして、15分位で店内へ。店の外の自販機で買っておいた「二代目つけめん」の食券を店員さんに渡してカウンターでしばし待ちます。

5分程して注文の「二代目つけめん」が到着。大甕駅前の「麺や亮」以外でつけ麺食べるのは、六厘舎TOKYOに次いで2軒目か?。何かスープが無いともったいない気がするのか「つけ麺」って頼まないんだよな。ま、はじめて行った店では基本を頂きたいってのもあるのかも。それでは今回は普段と逆に「麺」から頂きま~す。ふむふむ、つけ麺の麺ってのは「もちっと」していて美味しいですよね。「麺や亮」と比較する位しか出来ないんですが、弾力的には「麺や亮」の方が強いかな。だから旨いとか言うことではないんですが。そしてつけ汁につけて頂きますと…おおっ、結構つけ汁自体の粘度はあっさりしてるのに、お魚度しっかりです。麺ともマッチしていて美味しく頂けますな。

具の方は、麺の上に乗っかっているノリにチャーシュー、煮玉子、刻みネギに極太メンマ。どの具も美味しく頂けるんだが、極太メンマのハズレを引くとキャベツの芯みたいに固かったりするのはご愛敬。麺を3分の1ほど頂いたところで、お店のお勧め通り「すだち」をスープに絞って頂くと…おっ、爽やかに味が変わったぞっ!と感動していたら、お店の方が「麺にすだちをおかけ下さ~い」と説明している言葉が耳に入り、張り紙をもう一度読んでみると、確かに「麺に」すだちをかけて下さい…と書いてある。

…スープに絞っちまったよ。。。(爆)

まぁ自分の間抜けさはともかくとして、丸二日+夜の部に渡って繰り広げられた最後の一杯に相応しい一杯となりました。秋葉原の近くということで再度訪問する日も近いと思います。ご馳走様でしたっ!

この手の切符は燃えますです!

今回お世話になったフリー区間付き往復切符です。これだけフリーエリアが広いと存分に活用できますなぁ。またこの切符が手に入る出張に行きたいなぁ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。