飛騨高山ツーリング ~高山朝市・TRAIN BLEU・下呂温泉 白鷺の湯・とまる二泊目編~

前夜の飲み会の影響が残る朝を迎えたのが朝8時頃。頭は痛いが天気は上々なので当然の事ながらお出かけを。宿の近くのコンビニで飛騨牛乳を飲みまして、朝市をやっている古い町並み方面へお散歩開始。

この高山という街なんですが大通りに面した両側は商店街になっていまして、街としての規模の割にお店が多い印象です。途中の神社では「さるぼぼ以外は、かけないで下さい。」なる文字が。こんな風に人形がそのまんまの姿でぶら下がっている光景は珍しい気がするなぁ。

途中、喫茶店のモーニングセットに物凄く惹かれたんだが…ちょっと調べてからの方が良さそうな気がしたので今回はパトライト付きの看板を見るだけにしておいた。と言うのも名古屋~岐阜の喫茶店のモーニングセット、やたらと豪勢な事で有名でして、店によってはコーヒーを頼むと「トースト・サラダ・ゆで卵・茶碗蒸し・赤だしの味噌汁」と、もはやどっちがオマケなんだか分からない物量が提供されるらしい。昨日、展望露天風呂に入ったホテルアソシア高山の近くの喫茶店で「モーニングやってます!」と書かれた看板を見て思い出した。

程良く散歩したところで宮川という川を渡って「宮川朝市」へ。昨日の飲み会で食べさせていただいた、縦に長い宿儺かぼちゃ(すぐなかぼちゃ)を発見したりしつつ…

 

また牛乳を飲む…。

牛乳を飲んでいたらお店のおばちゃんが話し掛けてきまして…「今の世の中、妙に長持ちする食品ばかりが溢れているが、それを平気で食べていて安全について色々言う事が分からないねぇ…」的なお話を伺った。確かに防腐剤が添加された食品類は多いですね。牛乳のお味の方は、低温殺菌特有の甘さを感じる旨さ。いやぁ凄い甘みだっ!こりゃ旨いよ!

朝市ではおばちゃんと言うよりはお婆ちゃんな方々がお店を出されていましたが、お客さんも含め連日の暑さでお疲れな方もちらほら…(汗)もう少し涼しくなるといいですね。

それから朝市のお店のテントは、ホンダの誇る最強マシン「スーパーカブ」のリヤカー部分に積まれて運搬されている模様。

宮川朝市を見物した後は「古い町並み」へ。なるほど…なかなか風情のある一帯ですね。関東で言うところの川越と似ている雰囲気もありますが、大通りではなく路地になっているので車の往来が無く、高山の方が散歩しやすくていい感じかな。それから壁が黒っぽいので、花を飾ってあったりすると映えますね。朝顔だとツルも含めていいデザイン。

わらび餅専門店「いわき」でわらび餅を買ったりしつつ「陣屋朝市」へ。売っている物自体は宮川朝市とさほど変わらないですが、規模的にはこちらの方が小さいですね。わらび餅を食べるのにちょうどいいベンチでもあればと周りを見回したんですが見つけられなかったので、喫茶店でちと休憩。セオリー通りに行くならば、このあと高山陣屋の見物となる訳だが…この街ってもしかして、電車で来ても十分に楽しめるんじゃないのか?だったら電車で来た時用に残しておいてまた来るかぁ…?と言うことで、見所を全部見ないで宿へ引き返すことを決定。

この際、「また来ればいいや症候群」と名付けよう!(アホだ…)

別記事の高山バーガーを食べたりしつつ「とまる」に戻った後は我らがボロバイクに乗り換えまして下呂温泉へ向かいます…が、その前にまずはパン屋へGo!。

パンのワールドカップで3位入賞を果たしたというお店「TRAIN BLEU(トラン・ブルー)」へ向かいます。お店は駅から南西方向に1.5kmほど行った場所にありまして、菓子パン3種とイギリスパンを購入。
あっそうそう、こちらのお店の名前「TRAIN BLEU(トラン・ブルー)」はフランス語で「ブルートレイン」の事だそうだ。そりゃそうとPLフィルターを全開に効かせて太陽を背にお店を撮ったら、あまりにも作り物チックな青空が出来上がってしまったよ(汗)

~この後は、これまた別記事となる国八食堂にて昼飯~

国八食堂で腹一杯になった後は国道41号を南下して、いよいよ下呂温泉方面へ向かいます。まぁ50キロ程の道程なんで一気に行くでしょ、楽勝楽勝…となるはずが…

暑すぎるんだよっ!(涙)

と言うわけで、道の駅「飛騨街道なぎさ」で休憩。普段から、日立の涼しい環境に慣れてしまっていたのでこの暑さに耐えられないヘタレ野郎になってしまっていた。。。

久々にメローイエローなどを飲んでみたり、さるぼぼの悪バージョン「ワルボボ」を買ってみたりしながら再出発。相変わらずの真夏のような日差しの下、ようやく下呂温泉へ到着。二年ほど前に来た時は河原の温泉に入るのに水着なんて必要なかったから河原の温泉に入ったが、水着の着用が義務付けされてしまったので今回はパス。つまらんこと言わずに橋の側に目隠し付けときゃいいと思うんだが。

そんな訳で銭湯的な存在の温泉「白鷺の湯」へ。飛騨川を見渡せる川沿いに湯船がありまして、露天風呂では無いけれども眺めはいい。硫黄の香りの漂うお湯と飛騨川の風景に青空を楽しんだ後は、温泉街を少々お散歩。

ここ下呂温泉は、温泉街としてはかなり大きい部類なんでしょうな。大分の別府温泉とかも相当でかいですが、あそこに至ってはスーパーの裏手だろうがクリーニング屋の隣であろうが、所構わず温泉が湧いてしまっている制御不能な温泉街ってな風情だもんな。

あ…もちろん馬鹿にしてる訳じゃないですよ。俺、大分生まれだし。

さるぼぼ七福神の足湯の近くでかき氷を食べてみたり、今晩用の酒を酒屋で買ってみたりして高山方面へ帰還開始。行きも帰りも同じ道を走るのは何となくもったいないので、帰りは飛騨川を挟んで国道41号の対岸側にある県道88号と県道98号を通って高山へ。

途中、住宅街があったり軽自動車同士でもすれ違うのが困難なクネクネの山道があったりと、交通量が少ない割にはスピードを出せない道なので急いでいる時&雨や夜には不向きだが、国道41号よりもこっちの道の方がツーリング向きなのは確かだね。

程良く走って宿に戻り、ビール片手に今日からお泊まりの「飲み鉄」な方にご挨拶。

ん?「飲み鉄」って何だ?まっ…まさかっ…!?

何となく同じ匂いを感じたので、赤提灯で生ビール作戦は次回以降に順延決定。近場のラーメン屋か何かで軽く晩飯を食べ、宿で「飲み鉄」な方の飲みっぷりを見学する作戦に切り替えるのだっ!

またしても別記事となる「焼きそば ちとせ」から帰ってきて、宿主のご夫婦+昨日も飲んだ女の子+俺+飲み鉄な方の5人で飲み会というか色々とお話の会開始。

結局、下呂温泉で買って来た「蔵元の隠し酒」を皆さんどうぞ!などと言いつつ全部一人で飲んでしまったり…

女の子の持ってきたLOGOSの小型テントの小ささを実際に確かめさせてもらったり…

 

 こんな雰囲気の良い1F談話室にて過ごさせて頂きました。

実を言うと…この写真を撮った時間帯の事をあんまり良く覚えていない…俺は大丈夫だったのだろうか?(汗)
そんなこんなで今日のGPSログはこちら。右が国道41号で、左が県道88号&98号です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。