梅雨明け最初のキャンプツーリング ~国見SAのソースカツ丼編~

仙台南ICから東北道に乗り、一路南へ。30分程走って国見SAにピットイン。最初は牛タン串焼きでもかじろうかと思ったが普通の週末の割りには程良く濃く過ごせた週末だったので、久々にレストランなんぞに行ってみる事に(笑)

東北フェアー的なメニューがあったので、その中の会津名物「ソースカツ丼」を頂く事にした。まだ夕方だった事もありレストランにはまだ二組ほどのお客さんしかいませんでしたが、のんびりするにはこの方がちょうどいいな。

眼下に広がる福島平野を眺めながら待つ事8分程で「ソースカツ丼」が到着です。それでは頂きま~すっ!

お~っ…甘辛いソースが掛かったカツ、揚がり具合がサクサクで、SAで食べているとは思えない仕上がりの一品ですな。ただ何というか…ドンブリの形状的にご飯の少ない部分が縁に大きくありまして、ちと食べにくかったです。真ん中だけ急激に深くなってる器はドンブリ飯向きじゃないと思うんだよなぁ。最初の食べたい!って思っている時にはご飯があんまり食べられず、落ち着いてきた頃にご飯が沢山になる。

ただ、書いていて気が付いた…

そもそもレストランに来る客層は、俺みたいな腹ペコ野郎じゃ無いのかもしれないねぇ…(汗)

ご飯の上に乗ったキャベツの千切りが効果的に爽やかさを演出してるなぁ…なんて事を感じたりしながらもちろん完食です。

冗談抜きに「ハズした食堂」のソースカツ丼とは別次元の仕上がりです。あの泥臭い食堂感はここでは味わえませんが、誰もが旨いと思える一杯が待ってます。機会があったら是非!

それから今日1日のGPSログ。俺とボロバイクの二人三脚のツーリングの距離感が甦ってきた。そうだよ!この程度の距離余裕だよ。須賀川からは一般道走ってるし(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。