【水戸市エクセルみなみ】 支那そば 一本気 水戸店 「支那そば 塩 比内地鶏味たま付」

    

浄水場の見学の後は、ボロバイクのフロントベアリングを交換する専用工具を取りに鹿嶋へ電車で向かう。この前いわきのキャンプ場から帰ってきていた時に感じたフロント廻りからの振動は洒落にならない雰囲気があったので、ボロバイク自身で移動するのは回避した格好。

フロントのベアリングが一気に焼き付いて…地震の当日割れ目にはまって大転倒をかました大洗の国道51号でジャックナイフをかましたりしたら、2度とバイクになんて乗れない精神状態になりそうなので、ここはともかく「安全第一」。

大甕駅から水戸駅へ常磐線でやってきまして、震災の影響でオープンが遅れていた「エクセルみなみ」という駅ビルへ。個人的には優待券が使える「ビックカメラ」が水戸へやってくると言う事で期待が膨らんでいたのだが、どうやら「ラーメン街」的なものも出来たらしい事を水戸周辺のブロガーの皆様の記事で知ったのであった。出店した4軒の屋号を聞いて少々驚く。「なんつッ亭」と「らぁめん 大山」に関しては本店で、「つけめんTETSU 壱の木戸ichi-no-kido」は品川の系列店?で食べた事があるではないか。

こうなってくると、純粋に未訪問な「一本気」というお店にまずは伺ってみたいところであるが…おっ、名前の売れ方的に他の3店がずば抜けている事もあってか「一本気」だけは行列が出来ていないではないかっ(喜)

お店ご自慢の「比内地鶏つみれそば」は売り切れだったので、次にピンと来た「支那そば 塩 比内地鶏味たま付」をポチッとな。

調理場が良く見渡せるカウンター席に座りまして、何の気なしに調理行程を眺めてました。一番手前側の焼き台の上で、親子丼の具とかを仕上げているのは年長の女性。その奥でラーメンを作っているのは、茨大の学生バイトのような雰囲気の若い女性。少々たどたどしい接客は、それなりに年齢を重ねていらっしゃる御仁。チャーシューを切っているのは一番大柄な男性でして、お皿を洗っているのはバイト的な雰囲気を感じる華奢な青年。

はて…この中で店長さんは誰なんだろうか?と考え始めた頃合いで、注文の一杯が到着。

このビジュアルの塩ラーメン。旨い事確定な気がしますなっ。それではスープから…頂きま~す!

…こいつは旨い…ようこそ水戸へっ!大歓迎なのです!(喜)

塩ラーメンの中では鶏の旨みが多い部類ですね。う~ん…優しい味と言った無難な一言しか発する事の出来ない自分が辛いなぁ。スープの感想としては鶏ベースの優しい旨みが溢れてまして、麺は結構細かく縮れた細麺です。麺を啜るたんびにスープが絡んで口の中へ入ってくる印象ですね。

具は三つ葉にチャーシュー、メンマに味玉と刻みネギに小さな鶏肉団子と何かしらの練り物。一杯の旨さ的には一線を越えているので、是非神奈川県厚木市の「麺や食堂」のようにビジュアル&演出にも力を入れて、「水戸の」人気店になって欲しいです。

水戸のラーメン界に「維新の風」が吹いているのを感じるぜよっ! (←先週こいつ「長崎」に行ってました)

旨い一杯を頂きながら店内を観察し続けますと…やっぱりそうか…この店の店長さんは、「茨大の学生バイトのような雰囲気の若い女性」みたいですね。屈強そうな男性陣3人ともうひとりを引き連れてラーメン屋を切り盛りするバイタリティは相当なものだと感じました。率直な話「惚…

いやいやいや…(笑)

名だたる名店の「水戸支店」に囲まれて色々と大変だとは思いますが…4店舗一通り食べ終わった後、確実にもう一度食べたくなる味だと思いますので…もう少々お時間を下さいませ。

それはそうと…ようこそ我らが水戸へいらっしゃいました!もちろんまた食べに伺いますよっ!ご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。