2011東北ツーリング六日目 ~花巻→錦秋湖→まんが美術館→山形→七ヶ宿~

「道の駅 とうわ」で迎えた朝は、昨日に引き続きとっても穏やか。ここから花巻市街方面へ2~3キロ行ったところに「宮沢賢治記念館」をはじめ色々な施設があることは分かったんだが、今回は時間の関係もあり断念。ま、また来りゃいいだけの事でして。

岩手の探し物は昨日のうちに見つけてあるんで、今日は宮城か山形方面に向かう訳なんだがどうすっかなぁ…まっすぐ国道4号を南下すればもちろん宮城県入り出来るのは確かなんだが…。
それだとあまりに安直すぎるので、ちょっくら山形側から山を越えて宮城入りして、二日目に通行止めになっていた蔵王エコーライン経由で山形方面に抜けっかな?

国道456号というちょうどいい道で南下した後、国道107号で西へ向かいます。

途中「錦秋湖」というダム湖に沿って走るんだが、風が吹いていないこともあってエメラルドグリーンの湖面への映り込みがとても美しい。

更に西へ進みますと、岩手県西和賀町で北海道ばりの「直線道路」に遭遇。「この写真、北海道で撮ったんだよ!」などと大ボラこいてもバレないかもね(笑)

このままさらに西に走りまして、焼きそばで有名な「横手市」へ。昔「秋田ふるさと村」にやって来た時は、やたらと暑かった記憶があるから来たのは夏だったっけかな?

この後は県境へ向けて走ることになるので、トイレに寄っておこうと案内板が目にとまった「まんが美術館」なる場所へやって来たんだが…トイレを借りるだけにしてはずいぶんと立派な建物へやって来てしまったなぁ…

当初の目論見通りトイレを借りた後は、開催されていた「矢口高雄画業40周年特別原画展(4月23日~5月29日)」を見学。釣りキチ三平の作者はここの出身なのかぁ。あの漫画に描かれている豊かな自然はこの地そのものって事なんだろうな。それから「サイボーグ009」だらけの街「石巻」の被害状況にもふれられていた。
石巻にも石ノ森章太郎の作品が展示されている「石ノ森萬画館」があるんだが、相当な被害を受けてしまっているようだ。

ちと話は変わるんだが、今となってはどういう経緯で作る事になったのか良く覚えていないんだが、テントも何も持たないツーリング?の時に仮眠所代わりに利用している「快活クラブ」の会員証を作ったのが石巻店で、「快活クラブ石巻店は閉店することになりました」というメールが来た時にはやはり切なかった。

原画は「釣りキチ三平」に限らず沢山展示されてました。個人的には入場口にも使われていたこの一枚が一番印象に残ったなぁ。

思いもよらず漫画の原画鑑賞をしたあとは、国道342号で宮城県との県境を目指します。標高が上がってくると…

こうなります。少々寒いが天気がいいので気分は最高。

この後もグリグリ山道を登っていって、再び現れた岩手県の標識の下で記念写真を撮って更に進もうとすると…

見事に通行止めでした…ガ~~ン。。。

南側を走る国道398号へつながる県道282は全く除雪されてないので、今来た道を50キロ戻る事が確定です…(涙)

ただ、天気は良いので戻り道でも気分的は絶好調。

この後、湯沢市から国道398号で山越えに向かうも、電光掲示板では「夜間通行止め」、道路情報の標識には「冬期通行止め」と異なる情報が。ちょっと考えたが、ここも上まで行って通行止めだったりするとさすがに時間的にまずいので、安全策を取って国道13号を南下して山形へ行ってしまうことに。

12時過ぎに「小野小町のふるさと」という触れ込みの「道の駅 おがち」へ到着。

    

「皆喜多亭」というお店の出店で「横手やきそば」を、お菓子の泉栄堂の出店では「若がえりまんじゅう」を購入。横手やきそばは麺の腰も特徴的だが、やっぱりとろっとした玉子が味の決め手と言うことを再認識。「若がえりまんじゅう」は、単に名前の響きだけで買ったのではあるが、実際に口にしてみると、薄皮というか饅頭全体が絶妙なしっとり具合。甘さ控えめなあんこが入っていて、今まで食べたことの無かった食感の饅頭でした。これは、きっかけさえあれば大ブレイクの予感がするなぁ。ご馳走様でした。

この後も国道13号を南下して山形県入り。特に渋滞することもなく順調に進みまして…新庄市・尾花沢市を通って村山市の「道の駅 むらやま」で小休止。

結構大きな道の駅のフードコートへ行ってみると「板そば」なる一品が。一風変わった見た目なので食べてみることに。注文してしばらく待ちますと、「板そば」が出来上がりました。確かに木箱に盛られてますな。もう少し蕎麦が多いと嬉しい気もするが、感想は食べてからにすべきですかね。それではつゆの準備をしましてと…頂きま~す!

んんっ!こりゃ無茶苦茶腰が強い蕎麦ですな。

茹で方が足りない訳ではもちろん無いんですが、もぐもぐ噛まないと食べ進められないくらい腰が強いです。そんな訳で蕎麦自体の量はそんなに多くはありませんが、十分食べた気分になれる蕎麦でした。ご馳走様でした。

「板そば」で満足したので出発しようと思ったんですが、「山形牛の牛すじ煮込み」なるものを見掛けてしまい、食べずにはいられませんで…(笑)牛すじ自体の旨さはもちろん、大根やらゴボウやらが具だくさんでして、飲み屋の煮込みもこれくらいたっぷりにして欲しいなぁと思ったり。飲み屋の煮込みって何故か少ないんだよね。

おやつにしては結構がっつり食べてしまった「道の駅 むらやま」を後にして、お隣の天童市に一風変わった建物が。こちら天童市は将棋の駒の生産が盛んだそうです。ちと今回はあんまり余裕がないので、次回是非ゆっくり見物してみたいと思います。

さらに南に走りまして、川を越えるとついに山形市入り。国道からちと逸れまして、駅前まで行ってみたんだが…探している例の物が無いなぁ…実はここ、山形にあるかどうかが一番気になってたんだが…無いのかなぁ。。。ん?いいのがあるじゃん!これでOKだよ。

よっしゃ、後は宮城に向かえばいいなと国道286号を東に向けて走り出したはいいんだが、途中の標識情報によるとこの道も県境付近は冬期通行止めのままらしい。東北の山道が開通するのはもう少し先なのね。

いっそのこと高速道路で抜けちまおうかとも思ったりしたんだが、まぁのんびり行っても何とかなるだろうと国道13号で南陽市まで南下して、その後国道113号で七ヶ宿を通って白石へ。ちょうどツーリング二日目に走った場所だぁね。

白石に辿り着いた後は国道4号をちょっと北上して大河原町で探し物を無事見つけまして、スーパーで晩飯の材料や酒を買って「道の駅 七ヶ宿」へ。

今日スーパーで普通に買ってきたお酒は「蔵王」「浦霞」「蔵の華」。それぞれ「蔵王酒造」「浦霞」「ほまれ酒造」のお酒です。

まぁ今回のツーリング最後の夜となりますが、キャンプシーズンの入り口ですのでしんみりせずに行きましょう。では宮城に乾杯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。