【台東区】 喜多方ラーメン坂内 浅草店 「喜多方ラーメン」

実は今日も浅草に泊まるので、「エレキジャック・フォーラム」の後は昨日の夜に食べ損なったこちら、チェーン店の「喜多方ラーメン坂内」へ。

喜多方の本店?とこちらの味の違いはどんなもんなんだろうという興味が以前からありまして、ようやく今回やって来ました。ドンブリの表面をチャーシューがびっしり覆う「焼豚ラーメン」にしようかとも思ったが「食後に」飲みに行くつもりなので(笑)今回は一番シンプルな「喜多方ラーメン」を注文です。晩飯にはちと早い時間にも関わらす店内は8割程の客入りでして、人気の程が伺える様子でした。

5分少々待って注文の一杯が到着です。本店では確かドンブリひたひたのスープの量でやって来た気もしますが、まぁそういう事はこの際どうでもいいでしょう(笑)それではスープから頂きま~す!

あっ…確かにこれは「坂内食堂」の直系スープですっ!(喜)

もちろん同じスープか?と問われればそりゃ別物だとは思いますが、喜多方ラーメンの中では意外と少数派である透明感のあるすっきりとしたスープがしっかり再現されてます。こうなってくると平打ち縮れ麺にも期待が膨むわけでして、お次は麺を頂きますと…う~ん、これはちょっと違う印象かなぁ。喜多方の麺が「手打ち麺」だとすると、こちらの麺は「手打ち風」ってなところかな。何というか麺が均質過ぎる印象なんですよね。程良い不均一さも本店の麺の旨さの秘密なのかもしれないなぁ。あ、もちろん比較対象が凄すぎるからこういう話になってしまっているだけですので念の為。

上に載っている普通のラーメンらしからぬチャーシューの量と、爽やかさが口に広がる大振りに刻まれたネギにメンマの旨さは本店譲りの仕上がりですね。

こってり系のお店ではもちろん有りませんが、お年寄りが一緒でも安心して美味しく食べられそうなお店だと思います。関東~関西に結構な数のお店が有りますので、見掛けた時には是非一度お試しを。そして気に入った味だったら、是非本場「喜多方」でも食べてみて下さいませ。

ご馳走様でした!また来ま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください