久々の朝の秋葉原にて ~電子工作オタクの街を奪還せよ!~

江戸っ子の支配する築地で一杯頂いた後は秋葉原へ移動です。

ここ数年(というかすでに10年位かなぁ…)我ら「電子工作オタク」の聖地「秋葉原」は、すっかり「アニメオタク」の街へと変貌してしまった。

「Laoxコンピューター館」が出来た頃から「お食事事情」&「おトイレ事情」が急速に改善し始め、外国人も含めた一般的な観光コースの一つになり始めた頃からおかしな事が起き始めた。

『アニメオタクの街秋葉原には、こんなディープな「電子工作オタク」もいる!』という報道だ。

どう言う事かというと…フィギュアやコスプレ、同人誌の販売を秋葉原の表の顔としてとらえ、秋月電子の部品棚に群がる我が同胞達を「オタク」と言い放つ報道が増えてきているのだっ!

我々はこの屈辱的な状況を受け入れる訳にはいかないのである。この街は終戦後の「組み立てラヂオ」ブームに端を発し、白黒のTV放送開始と共に訪れる「白物家電ブーム」と共に発展し、自作ラジオを起点とする我々のような「電子工作オタク」と共に生きてきたはずである。我々は過酷な今日を生活の場としながらも共に苦悩し、錬磨して今日の文化を築き上げてきた…

「立てよ!国民よ!」 (C) ギレン・ザビ

おっと…危うく「アニメおたく」の雰囲気に呑まれる所だったよ…(爆)

 

そんなこんなで秋葉原に着いて、まだ時間があったので駅前の喫茶店で暇つぶしを。行列が出来ている印象のこちらのお店、開店直後は当然の事ながらガラガラです。

電子工作オタクの「アムロ」が作った「ハロ」。こんな店に俺がやって来る日が来ようとは…

こちらは本日頂いた「ハロいちごラテ」。期間限定の一品でして、抹茶仕立ての緑色のラテが通年販売みたいです。

ま、それはそうと…言わせて頂きますっ!

「認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちと言うものを…」 (C) シャア・アズナブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください