今年初の長野方面ツーリング (一日目)

夜遅くまで起きていた割にはまともな時間に目が覚めまして、朝9:00に家を出発。今回はキャンプでなくて宿に泊まるつもりなので、バイクに積んだ荷物も少なくお気楽モード。

完全に繋がっていないとはいえ長野まで高速を使ってしまえば300キロ程の距離なので昼過ぎには着ける訳であるが、天気はいいし急いではいないし、高速は繋がった後で使えばいいだろうと言う事で下道を選択。

毎度毎度の国道50号で高崎市内を通りかかったのが13:30頃。夏場ならもちろん志賀草津道路を使うんだが、GWの直前まで通行止め&妙な道を走ったりすると凍結していそうなので、ここは素直に国道18号で軽井沢を通って行きま~す。途中「碓氷峠鉄道文化むら」が、やたらと眩しく見えるあたりが「鉄道オタク化」してきている自分自身を物語る。

だって、去年までは「単なる車両基地」だと思ってた訳でして…(爆)

まぁここに来るのは電車がいいと思うので今回は通過だな。

軽井沢へは新道経由で突入したが…さすがは標高1000m、天気の良い日の14:30だと言うのに気温3度だったりして結構寒かった。それから軽井沢以西では、日影に残っている雪が溶けた水で路面が部分的に濡れていたりするんで、早朝&深夜の凍結に、この後雪が降らなかったとしても、もうしばらく気をつけた方が良さそうだぁね。

この後も国道18号経由で小諸~上田と進みまして…ツーリングマップルお薦めの「戸倉観世温泉」でようやく小休止。

そうそう、土手沿いの道からこの温泉街へ入ろうとすると、かなりの鋭角の曲がり角(しかも曲がりきれずにオーバーすると土手から落ちる…)を曲がる羽目になるんで、バイクの方は気をつけた方がいいかも。ちなみに俺の場合…

気が付いた時には「何としてでも曲がりきるしかない状態」になっていた…(爆)

何とか無事に「戸倉観世温泉」へ到着しまして、自販機で300円の入浴券を買っていざ風呂へ。湯船のお湯を見た瞬間は「これってバスクリン入れてんじゃないの?」と思う程のエメラルドグリーン。

これはホント凄いっ!…こんな色の温泉が世の中にあったのかっ!(驚)

地元の方らしき方々をはじめお客さんが沢山いるので湯船の写真を撮る訳にはいかないのが残念だが、およそ300円とは思えない源泉掛け流しのお湯をノンビリと頂いて…久々に日が暮れる前に善光寺へやってきた。

正月明けに電車で来た時も真っ暗だったし、その前にバイクで来た時も夜間際で、ツーリング用の三脚のデビュー戦だったなぁ。久々に本堂の正面の扉が開いていたので、中で世界平和を祈るのであった。それにしても相も変わらず悲しい事が多すぎる世の中だよなぁまったく…

この後は「1166 バックパッカーズ」へ向かいまして、バイクと荷物を置かせてもらって夜の長野の街へ繰り出しま~す。何となく駅の方角へ歩き出すと、すぐにカメラ屋を発見。ショウウインドウを眺めると…う~ん、ニコンのレンズが多いなぁ…おっ!FDマウントのレンズがあるぞ。何々…コシナの19-35mmズームとな。G1で使うと…画角的には38~70mmの標準ズームかぁ…ヤフオクで買ったNFD17mmはCCDからの反射も関係あるのかもしれないが、ハレーションが激しすぎてまともに使えない事が判明してるからこれは欲しいなぁ…そんな訳で…

悩んだあげく…結局買ってしまったのであった…(爆)

ツーリング先でレンズを買う事がどうこうと言う事ではなく…ここまでやる位なら素直にマイクロフォーサーズの標準ズームレンズを買った方がいいような気がしないでもない(汗)何と言っても、長年の夢だったオートフォーカスだけでなく、手ぶれ補正までもが手に入る訳だもんな。

ま、今さら手遅れなんだが…(汗)

この後はラーメン屋で晩飯の一杯を頂いて、前回来た時にもお世話になった「亀の湯」で、お湯に浸かったりサウナに入ったりで1時間半程楽しんだ。下の写真は「今日のわんこ」ならぬ「今日の亀の湯」。

もちろんたかがひと月位で銭湯の見た目が劇的に変わる訳は無い(笑)

この後は宿に戻りまして…宿泊客の皆さんと一緒に前回もやったジェンガで盛り上がった後、相当久々に皆さんで「UNO」をやり…これまた久々に「大貧民」で消灯時間まで盛り上がったのでありました。

それはそうと、今回もまた宿で写真撮るのを忘れたよ…あぁ…

レンズ買った日に写真撮るのを忘れる俺っていったい…(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください