【千代田区】 六厘舎TOKYO 「朝つけ」

【千代田区】 六厘舎TOKYO 「朝つけ」

【千代田区】 六厘舎TOKYO 店構え

今日は久々に関西方面へ日帰り出張。朝8時台の日立から出発する特急へ乗れば問題無いスケジュールではあったのだが、道中どんな問題が発生しようとも即応出来る時間的余裕を作る為、そしてこれはどうでもいい事ではあるが久々に「六厘舎TOKYO」の朝つけを食べたい事もあって…

朝5時台の始発特急で「いざ東京」へ…(爆)

見事に六厘舎TOKYOの開店時間である朝8:00ちょい過ぎに東京ラーメンストリートへ到着しまして、ちょっと並んで店内へ。まぁ基本的に「朝つけ」か「朝つけ定食」のどちらかしか選べないので「朝つけ」をポチッとな。調理場が良く見えるカウンター席に座りましてしばし待ちます。しっかしまぁ…ひっきりなしに客が入ってくるから当然と言えば当然ですが、朝とは思えないもの凄い勢いで麺茹で&盛り付けが行われてましたな。

待つ事数分で「朝つけ」が到着。それでは麺をつけ汁につけて頂きま~す!

うむ…朝のメニューは軽めに作ってあるとの事ですが、個人的には十分強いつけ汁という感想です。前回頂いた時にも感じましたが、味が濃いと言う訳では無くて塩味がきつめなんでそう感じるような気がしますね。対する麺は文句なしの旨さでして、お店の人気の理由が朝の特別メニューではありますが分かる気がする一品です。

食べ進めていくにつれ、最初に感じた強すぎる塩味もさほど気にならなくなってきてからは絶好調。つけ汁の中に沈んでいる具のチャーシューにノリ、ナルトに刻みネギと「これでもかっ!」と感じる程の魚粉のザラザラ感。う~ん、これは旨いっ!

麺と具を一通り頂いた後は、セルフサービスのスープ割りを。薄めの味にしたかったので、ちと多めにスープを注ぎますと…

うん!こいつは旨いっ!(喜)

つけ麺のつけ汁なんで濃いのは当然なのかもしれませんが、最初からもう少し薄めのセッティングの方が、Myバイクのキャブの燃調共々、個人的には調子がいいのかもしれません(笑)

こりゃ、昼間の正式メニューを頂かないといけませんな。ご馳走様でした!また来ますっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。