【茨城県日立市】 湯楽の里(日立店) 「宇治金時」

【茨城県日立市】 湯楽の里(日立店) 「宇治金時」

北茨城で一杯頂いた後は、とにかく暑かった8月の最後の週末を締めくくる意味も込めて「湯楽の里」(日立店)へ。近隣の方ならご存じだとは思いますが、ちょっと小さめのスーパー銭湯ってな感じですかね。夏休みも終わり間近の週末だった事もあり激混みな湯船を覚悟してましたが「24時間テレビ」を見ていた方が多いのか、そんなに混んでいなかったのは嬉しい誤算でしたな。

…露天風呂に浸かって…ビーチチェアみたいなのに寝て…サウナに入って…水風呂に浸かって…露天風呂に浸かって…

…を気の済むまで楽しんだ後、商品写真を見た瞬間にどうしても食べたくなった「宇治金時」を注文しました。考えてみると、ここで何か食べるのって初めてだな。まぁ、あんまり一人で来る場所じゃないからなぁ。ちなみに、奥の方に一人でも何とかさまになる「カウンター席」がありましたので、同じ境遇な方はこちらにどうぞ(汗)

写真を見た瞬間に決めていた「宇治金時」を注文すると、この手のフードコートでよく導入されている「ポケベル」みたいなのを渡されてしばし待ちます。このコーナーには「テラス席」もあるんですねぇ。もう少し涼しくなってきたら、風呂上がりに外でくつろぐのもいいかも知れませんね。しっかしまぁ今年の暑さは普通じゃなかったなぁ…フルメッシュジャケットで3桁台で走ってても暑かったもんなぁ…でも週末の天気を気にする事を忘れる位天気が良かったよなぁ…それと…(以下省略)…

そんなこんなでこの夏の思い出が走馬燈のように駆け巡っている最中(笑)に呼び出し音が鳴りまして、品物を受け取りに行くとそこには…

デカ盛り系「かき氷」が鎮座…(爆)

えっ!?ここの「宇治金時」って、こんなにでかいのか…(笑)

ビックリしたような視線でこの一品を眺めていた小学校中学年?の彼が持っていたソフトクリームの1.5倍程度のソフトクリームが添えられた一杯?となっておりまして、大人の拳4つ分位の氷には、宇治シロップが部分的にでは無く、ほぼ「まんべんなく」行き渡っています。氷の上にはアズキと練乳が混ぜ合わさった至高の滝が再現されておりまして、時折伺う白玉は滝壺といった味わいでありましょうか。目の前に広がる光景は日本人特有の「わび・さび」といった感性が生み出した…(以下省略)…

…ま、とにかく量が半端無いわけですな…(爆)

グラスからはみ出したソフトクリーム部分を優先的に救出しつつ(旨いっ!)、同じくはみ出し気味の「アズキと練乳」を救い(旨いっ!)、天頂方向から「宇治金時な氷」を食べ進めますと…

いやぁ…こいつは想像以上に「旨い」ですっ!(喜)

淡泊な味わいになりがちな「宇治金時」ですが、この一杯なら甘みタップリで飽きないかもですな。それに「宇治金時シロップ」はホント文句の無い程タップリかけられてますんで、氷のどこをスプーンですくっても味付きです。想像以上の大満足と、実を言うと若干の「震え」を感じつつ(爆)…完食です。

いやぁ…こんなにしっかりした一品が出てくるとは思ってませんでした。スーパー銭湯のフードコートってのは、意外としっかりしたものを頂ける場所なのかもしれませんね。先入観を捨てて今後向き合いたいと思います。ご馳走様でしたっ!そう言えば、携帯メール会員が頂ける「無料かき氷」券は、このかき氷なのかなぁ?これなんだったら確実にもう一回訪問決定です(笑)ま、今後とも宜しくお願いしますっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。