【日光市】 ゼンジー南京 「チャーシューメン(太麺)セット」

【日光市】 ゼンジー南京 チャーシューメン(太麺)セット

午前中は志賀高原方面の涼しい場所にいて、草津→日光経由で一気に下ってくると同時に夏日の環境下に突入したせいか相当バテバテ。ふらつきながら辿り着いたのが、以前から気になっていたが開店時間に合わずに未食のままだったこちら「ゼンジー南京」。入り口に「店内撮影禁止(携帯も)」と書いてあって、ラーメン撮るのも駄目か聞く気力も無かったので今回は写真は無しです。

チャーシューメン(煮豚)と焼き豚チャーシューメンの評判がいいらしいので、今回はチャーシューメンと半チャーハンのセットを注文。半チャーハンも食べれば元気が出るんではないかと思って頼んでみたんだがどうなる事やら。

注文の後はテーブルのポットの水を2回程おかわりして、グッタリしたまま待つこと数分。まずは半チャーハンが運ばれてきたので頂きま~す。う~ん、パラパラチャーハンなのは確かなんですが、味付けが塩コショウのシンプルな感じではなくて何やら独特な味わい。まぁ好みの問題なのと自分の体調が微妙なのでそう感じるのかもですが(汗)

半チャーハンを1/4程頂いたタイミングでチャーシューメンが到着です。今回は写真が無いのでちゃんと説明しないといけませんな。大ぶりなチャーシューが6枚、麺が完全に隠れる状態で並んでまして、その上に刻みネギ、それから3cm x 2cm位の小さなノリがドンブリのフチにちょこんと載ってます。それではスープから頂きま~す!

おぉ、旨みたっぷりな醤油ラーメンですな。色はいかにも醤油ってな色ですが、味はストレートな醤油ではなくって甘みを結構強く感じる味わいです。お次は麺ですが、細麺と太麺を選べる中で太麺を選択したんですが、個人的な感覚的には中細麺てな所です。でも細麺もスープとの組み合わせ的に、そんなに細くは無いんでしょうね。軽く縮れたちょっと固めの麺もスープに負けず旨いです。具は最初に説明したとおりでして、チャーシューは塩味の利いた噛み応えのあるタイプで、焼き豚メンの焼き豚も次回試してみたくなる仕上がりでした。こちらの店に、近所の

「正嗣」の餃子を持ち込めれば最高なんだけどなぁ…(爆)

冗談はともかく、ご馳走様でしたっ!今度は元気な時に焼き豚チャーシューメン狙いで伺いたいと思いま~す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。