【立川市】 らーめん えんや 「特えんやらーめん(塩)」

【立川市】 らーめん えんや 特えんやらーめん

【立川市】 らーめん えんや 店構え

安宿(カプセルホテル)にチェックインしてすぐに「ごろ寝」。何にもやる気起きず。。。何故なら昼間やたらと重いウエストバッグで歩き回ったせいでベルトでお腹を圧迫され続けた為か…物凄く気持ちが悪い。。。

あまりに気持ち悪くて、晩飯抜こうとマジで思ったよ…出先なのに。。。(涙)

2時間程横になったら無事腹が減ってきた(笑)ので…今回はかつて出張の前泊で泊まった時には行かなかった、モノレールの立川南駅すぐそばにある「ラーメンスクエア」に向かいま~す。新横浜のラーメン博物館をはじめとして、各地にあるラーメンテーマパークの一つですな。こちらには7軒のお店が集結してまして、フードコート入り口にそれぞれのお店の代表となるメニューがパネルで紹介されてます。どこにしようかなぁ…と軽く悩んでみたりしますが、こってりな一杯を頂いてまた気持ち悪くなると嬉しくないので(汗)今回は一番あっさりしてそうな一杯を頂けそうな「えんや」へ行きますか。

券売機の写真を見て店名を冠した「えんやらーめん」てのにしようかと思ったが…隣のチャーシュー増量&味玉付きの「特えんやらーめん」にクラッときましてポチッとな。フードコート自体に人影が少なかったので店内にも大して居ないのかと思いきや、7割程の席が埋まってます。食券を店員さんに渡して「ボケ~」っとただ待っているあたり、まだ体調が本調子ではない模様(汗)少々待ちまして…「特えんやらーめん(塩)」が目の前に運ばれてきた瞬間…

「スリープモード」から「通常モード」へ一気に遷移完了…(爆)

ほうほう、塩ラーメンで家系的な「大ぶりなノリ」がドカンと載っているのは珍しいスタイルですな。スープの色合いは、さほど透明感のあるタイプでは無いですね。それではスープから頂きますか。

ふむふむ…甘さを感じるタイプの塩スープですな。それから結構表面の脂が多めでしっかりした味に感じます。鶏のダシもしっかり感じるので見た目以上に「濃い」スープに感じますね(もちろん破綻している訳ではありませんので念の為)。お次は中太ストレートの麺へ行きますと…んん!?一日に2度も個性的な麺に巡り会うとは思わなかった…と言いたくなる程インパクト大。昼に頂いた目黒の田丸では「パスタの延長線上」的な麺に驚いたが、こちらの麺もかなり個性的。腰が強いというか何というか…何やら極太麺と同じような歯応えを感じる麺でして、芯が残っている訳でも無いのに噛み切る力を必要とする程。ただスープとの絡みはあんまり良くないみたいなので、麺を啜ったらその後スープをレンゲで飲まないと何となくもったいない感じがします(笑)

具は大ぶりなチャーシュー2枚にメンマ、刻みネギに青菜に家系ノリ3枚に味玉。チャーシューはスープに浸けて食べると旨いんですが、何となく浮いた存在に感じたのが「ノリ3枚」。個人的には無くてもいいような気がするってのが正直なところかなぁ。特筆すべきは味玉の旨さ。スープと合ってるってのもあるのかもしれませんが、とっても旨かったです!そんなこんなで、体調不良の数時間前の自分はどこへやらってな感じで完食っ!

間違いなく旨い一杯だったんですが…これで950円てのは、ちと高すぎる気がするのも正直な所。他店とのバランスもあって独自の料金設定がしにくい環境なんだろうとは思いますが、是非良い意味で今後も頑張って欲しいと思います。ご馳走様でしたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。