【千代田区】 二代目けいすけ 海老そば外伝 「伊勢海老そば味玉入り」

【千代田区】 二代目 けいすけ 海老そば外伝 伊勢海老そば味玉入り

【千代田区】 二代目 けいすけ 海老そば外伝 店構え

急遽、またしても静岡方面へ出張に行くことに。昨日の夜大雪が降っていた事もあり、心配になって早朝電車の運行状況確認すると常磐線が強風の為運転見合わせとの事。これは運転再開したとしても、どうせダイヤが乱れまくりになりそうなので予防的に予定より大幅に早めの電車で出発。

案の定、乗り込んだ特急も本来の予定時刻より30分程遅れて上野駅に到着するものの、新幹線は特に問題無く走っている様子。こうなってしまうと少々時間に余裕が出来たりするので、時間潰しに…

…やむなくラーメン屋へ(爆)

もう少し早い時間なら「六厘舎TOKYOの朝つけめん」をもう一度食べることが出来たんだが、残念ながらちょうど朝の部が終わったタイミング。果たして朝10時からやってる店なんてあんのかな?と思いながら「東京ラーメンストリート」を歩いてみると、一番奥の「二代目けいすけ」が営業中。まだ入った事の無い一店ですのでこれはチャンスと即入店。「一番売れてます」的な張り紙のしてあった「伊勢海老そば味玉入り」の食券を買って店内へ。私より先に入店していたのは2人連れ一組だけだったようで、対面式のカウンター席の一番端っこに案内されまして、コートとスーツをハンガーに掛けて、携帯で新幹線の時間をチェックしようとしたら「伊勢海老そば味玉入り」が到着。はやっ!細麺なのかな?

斜めドラム式洗濯機のドラム部分を取り出したかのような風変わりな器に盛りつけられて出てきました。ではさっそくスープから頂きますか…って、このレンゲ、

でかすぎるだろっ!?(驚)

まるで使う事を拒むかのようなでかさのレンゲだが、これだけでかいものをスープにあらかじめ突っ込んであるあたり、焼き石みたいに温めてあるものを入れる事で保温の効果を狙ってるとかか?それとも単に意味無くでかいのかな(笑)それでは本題に戻りましてスープから頂きま~す。う~む。。。これは名前からして当然ではありますが、伊勢海老に限らず海老の香りが苦手な方には美味しくないというレベルではなくって「食べられない」位の海老の香りが強力に感じられるスープです。魚介系と呼ばれているスープのクセの強さの比では無いですな。おまけに結構ドロッとしてます。もちろんスープ全部が伊勢海老で出来てる訳では無いんでしょうが、一杯あたりどれくらいの伊勢海老使ってる計算になるんでしょうかね?聞いたところで「ふ~ん…」としか言えないと分かっていても、一度聞いてみたくなりますな(笑)

麺は出来上がりの早さから想像できた通り細麺で、ドロドロ&伊勢海老感たっぷりなスープと良く合います。具の方もスープに違わず結構個性的でして、ナルトに刻み万能ネギにメンマ少々+香味野菜と糸唐辛子に味玉は一般的ですが、鶏肉のチャーシューではないブロック肉の存在が個性的なスープや器やレンゲに加わって、さらに個性的な一杯に感じられます。

相当個性的な一杯ですので機会があったら是非食べてみて頂きたいのですが、「海老の香り」が苦手な方は近づかない方がいいのも確かかと思います。次は「伊勢海老そば」ではなくて「海老そば」を頂いて違いを感じてみたい所です。ご馳走様でしたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。