【大田区】 和鉄 「中華そば」

【大田区】 和鉄 中華そば

【大田区】 和鉄 店構え

新宿で一杯を頂いた後、秋葉原で「シール基板」を買い込んだりしながらイメージを膨らませていく…

あ…同僚達とはじめた「小金を稼ごうプロジェクト」で披露するネタのイメージを膨らませている時間ですのでお気になさらずに(笑)

「チップLEDを…ああしてこうして…う~ん。。。」と色々悩みながら買い物をして、そのまんま電車に乗って…降りて、区役所側に降りて、ロータリーを突っ切ってまっすぐ歩くと「和鉄」に到着。まさか「無意識」のまま、こんな所まで歩いてくるとは。。。俺の集中力は、バンクーバー五輪の選手をも超えるんでは無かろうかっ!?

注) 実際には「品川」あたりから「かなり」意識してたよね?(爆)

立川での一杯の件もあり、「らーめん潤」へ行こうかとも思ったのだが、同じ路線のお店に行くのはまだ早いかなぁと今回は「回避」。品川駅を電車が出発した時に「このまま宿泊地の横浜にまっすぐ向かうのはもったいないなぁ…」等と感じて思いついたのが…蒲田にある、個人的にはお馴染みな「上弦の月」と「和鉄」と「辛しや(油そばが旨い!)」。

ラーメン好きになった俺としては、改めて「上弦の月」で一杯頂きたい所であるが、今の時間だと開店まで2時間近く待たねばならないのと…

…待ったところで開店しなかったりする事が多い…

お店だったりするので(汗)電車移動の今回はやめておきます。(今は違うのかなぁ? 「当時の俺」が旨いと本気で思ってたので…旨いと思うんだけどなぁ…)

そんな訳で、大盛りも並と同料金サービスという事だけで、かつて何度も行った「和鉄」を訪問。店の前の雰囲気も変わってないし…食券の自販機も同じっぽいですな。あの頃は何のこだわりもなくボタンを押してたが、今日はこだわりを持ってボタンを押しますです。

カウンター席で「無料ですけど大盛りにしますか?」との声に、初めて「普通でお願いします!」と答えてみたりして待つこと数分。かつては何も考えずに腹を満たす為に「大盛り」で頼んでいたであろう一杯が到着。それではスープから頂きま~すっ…

……なるほど。。。「和鉄」の一杯は当時の俺にとって絶妙な位置にあったのかもしれません。当時の俺は魚系のラーメンなんてうまいと思えなかったクチではありますが、こちら和鉄のスープは「魚系」の主張と醤油のバランス的に、少しだけ醤油が勝つスープでして、魚を意識させないスープに仕上がっています。

当時と同じスープが目の前にある訳では無いとは思いますが、当時の自分と今の自分をつなぐ一軒として、個人的に貴重です。

丁寧に折り重ねられた細麺に、メンマにチャーシュー刻みネギにノリの出で立ちは醤油ラーメンのそれですが、このラーメンはまさしく魚系の一杯です。 あらためて頂いて「旨い!」と思いました。機会があったら是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。