大特・大型・牽引合宿免許 5日目

大特卒業検定コース

本日は大特(正式名称は大型特殊)の卒業検定の日と言う事で、初めて朝っぱらから教習所へ。

様々な車種の検定の皆様と一緒に説明を聞いたりなんかして、本日の検定コースの図を渡される。

まぁ既に庭みたいなもんだからな(箱庭)

大特の検定そのものはそつなくこなして、まぁ大丈夫なんじゃね?で終わった訳だが、その後中型車の検定に付き合ってくれと言われまして…

中型車検定同乗

何だか良く分からんが検定中の中型車の後ろの座席に乗り込むの図。

重りか何かなのかこれ?(何かそういう決まりが有るらしい)

【牽引6時間目】
大特の結果はまだ出ていないが牽引の教習開始の時間になったので牽引の教習開始。当然の事ながら今回も右バックでの方向転換。
酒を飲みながらとは言えイメージトレーニングしていた事もあってかなり安定してきたのに加え、今回の教官の「左にハンドルを切って方向転換を始める位置は出来るだけ前寄り(要するに遠く)が楽だよ」というアドバイスも加わって打率が大幅に上昇。
ちなみに今回の教官には他にも色々教わりまして…「今年は異常に雪が少なかった。ひたち海浜公園のネモフィラを見てみたい。磯前神社はいい。大洗水族館の入場券は駅の売店で買うと安い。かねふくの明太マヨネーズが旨いけど楽天とかでは売っていない…等々」

もしかして教官…山形在住のガルパンおじさんなんじゃね?(確信)

【大特合格】
この後、昼飯の前に大特は無事合格していた事を知る。暇ではあるが一つでも踏み外すと後の教習スケジュールが確実に狂う同時教習なのでやれやれ。

【大型1時間目】

初回と言う事でこれまた周回コースとかの簡単なコース…と言いたい所だが、とにかく後ろが長いので教習所のカーブだとセンターラインを守って曲がろうとすると後輪が脱輪する。とにかくデカい(長い)。これは意識改革が必要かも。

【大型2時間目】

外周と交差点の簡単なコースではあるんだが、やっぱりハンドルの切り始めが早い(後ろの長さをまだ理解出来ていない)模様。後ろの状況を把握するには、とにかくミラーを見て状況を確認しないとダメだとの事。これはちと大変そうだ。

~本日の教習&検定終了~

新入荷の酒

ま、何はともあれ大特無事合格に乾杯!(クズ)

イメトレ用トミカの大特

イメトレ用大特トミカも喜んでおりますの図(イメトレ大事)

全日程の1/3終了

こうして見ると日程的には1/3ちょい終わったのか。今のところ順調ではあるが、牽引と大型はちと強敵だな。

Jプラザ晩飯5日目

いい感じな晩飯を頂いて今宵も過ぎて行くのでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください