【台東区浅草】 パンサー 「モーニングセット」

【台東区浅草】 パンサー 「モーニングセット」

浅草の安宿を後にして、昨日は道順的に行かなかった雷門方向目指して移動開始。日曜日の朝にしては何故か多い人通りの行く先を見つめると…なるほどっ!ここってば「ウインズ浅草」のすぐそばな訳ね。昨日は暗かったから全然気が付かなかったよ。

んでもって、ふと目にとまった喫茶店の前にモーニングセット(確か480円)の文字が。朝やってるラーメン屋ってのはまず無いので(笑)何となくピピッと来たこちらのお店で朝ごはん。まぁ平日だと朝飯喰わないのが自分の習慣だったりするんですが。

日曜日の中央競馬レース開催日なので、当然の事ながら皆さん競馬新聞&スポーツ新聞片手にTVの競馬中継のパドック速報を「ちら見」中(笑)

こんな店内の状態なので誰も手を伸ばしていない、お店の今朝の日経新聞を手にして「俺的な公営ギャンブル」の予想を開始。…やっぱ欧州の爆弾は炸裂するんじゃないかなぁ?…等と思いつつ…我らが半導体業界でもの凄い逆風を受けつつも必死にもがいて頑張っている「坂本ちゃん」の久々のインタビュー記事を読んだりしながらパンをパクリ。う~ん…どうすっかなぁ…

…こんな書き方をすると俺の意図しない誤解を生むかも知れないので、ちと解説を。

俺の生まれはともかくとして、育った場所は東京都府中市の「東京中央競馬場」近辺。府中でレースが開催された時はもちろん、そうで無い時にも「馬券販売所」兼「でっかい公園」として親父の自転車の後ろに乗せられて良く通ってた。府中でのレース開催日はそれなりに大変で、朝っぱらから「パドック」で馬体を見て、当時まだ自動化されていない馬券売り場の生身のおばちゃんと親父の暗号みたいな会話を聞かされ(12レース・48 5 78 3…)府中でのレース中は、双眼鏡で「見ろ」と言われた色の馬がどこいら辺にいるのかを実況し(笑)、最終的な「その日の」収支がプラスになると、大国玉神社そばの忠実屋の側にあった赤提灯で、ガキのくせにカウンター席で親父と一緒に焼き鳥に噛み付いてた…

そんな原風景で育った俺の価値観としての根底は「競馬」=「株式投資」≒「賭○麻雀」。

たま~に、「株式投資」は「世の中を支えてるんだからギャンブルとは違う!」とか真顔で言ってる「アホ」な奴がいたりするが、それは相応の資産を突っ込んでいる人間だけが言うべき話。議決権的に自分自身は「ゴミ」な存在で有る事を自覚して、「公営ギャンブル」に参加している自覚を持つべき…それに…(以下省略)

日経新聞をトリガーに、珍しく真面目に色々考えたりしながら(笑)ベーコンエッグにプチトマト、もう一枚のトーストにサラダを平らげ「バナナ」を頂き…大ぶりなカップのホットコーヒーを飲み干しまして…えっ…もしかしてこれは…

名古屋のモーニングより凄いんでは?(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。