【台東区】 中華そば つし馬 「中華そば(小)」

【台東区】 中華そば つし馬 中華そば(小)

【台東区】 中華そば つし馬 店構え

浅草の安宿に荷物を置いて、ラーメン屋を求めて夕闇の中に沈みつつある「浅草寺」界隈をお散歩開始。今まで昼間の浅草寺しか見た事が無かったが、夕暮れ時の浅草寺の仲見世通りは人通りもまばらで全体的に気だるい雰囲気があっていい感じ。浅草寺ではお賽銭分30円分のお願い事をしまして、おなじみの超らーめんナビでお店を探しますと…「中華そば つし馬」なるお店がHit!ではこちらに伺いましょう。

お店はどことなく懐かしさを感じる赤系の店構え。場所柄外国人のお客さんも多いんじゃないかなぁ?と思いますが、外国人の方にはどういう風に見えるんだろうか。

お店に入ると右手に二郎的な自動販売機。お店からの情報として、麺の量が多めなのでお気を付け下さいとの事なので、中華そば(小)をポチっとな。厨房が見渡せるカウンター席へ座りまして、調理場見物をしながらしばし待ちます。ほどなく注文の一杯がやってきて、お皿の上にスープすり切り一杯状態で到着。それではスープから頂きま~す。

う~む…煮干しの旨みだと一口でわかる、まさに和風テイストなスープです。こんなに旨みたっぷりな和風スープは初体験です…かなりの好感触!これなら浅草にやってくる老若男女に受け入れてもらえてるんじゃないでしょうか?(喜)

麺の方は、ツルツルっとした滑らかな食感の中細麺。こちらもスープに負けず劣らずな食感&確かに「量多いです!」と事前に説明しておいて正解な量ですな。和風テイストでいながら結構なボリューム感を誇る一杯の具はこれまた結構なボリュームでして、チャーシュー3枚に色がやたらと濃いメンマ(味は普通です)にネギ。食べ終わった時に満足感に酔いしれられる一杯ですな。

これは日本観光の東京側の玄関口であろう浅草に相応しい一杯なんではないでしょうか? もちろん煮干し&醤油が苦手な方々には無理でしょうが、そうではない外国人の方々にも食べて頂ける「日本のラーメン」の玄関口として素晴らしい一杯だと思います。

…今回の記事の締め方、かなりいけてる気がするんだが…(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。