【佐野市】 おぐら屋 「チャーシュー麺」

【佐野市】 おぐら屋 チャーシュー麺

3連休の初日に昼過ぎまで寝ているという大失態をカマした後、急いでバイクにキャンプ用の荷物を積んで「日立南太田インター」から常磐道へ。ETCレーンをくぐって「東京」/「いわき」の分岐ギリギリでようやく今日の行き先決定。これだけスタートが遅くなったって事は、日光方面への渋滞が解消済みな筈。

3連休初日は、とりあえず「日光」へGoっ!たまにはお洒落に「新そば」&「生湯葉」でも喰おうぜっ!…そんな訳で調子の出ている時には頭の中で流れ始める例の曲…

「今日も元気にバリバリっ♪」(C)横浜銀蝿・羯徒毘路薫狼琉(かっとびろっくんろーる)

友部JCTで北関東自動車道へ乗り換えて、昔さんざん使った桜川筑西ICを横目に西へ……さらに西へ進んで間もなく東北道との合流地点「栃木都賀JCT」が間近に迫る。。。

「あれっ?日光へ向かう道路って東北道のどこにつながってんだ?」(爆)

宇都宮までは下道で行って、餃子を喰って日光へ…のパターンは結構有ったが全部高速使って(北関東道つながったの最近?だし)日光目指した事って無いのかも…分岐をどちらに行けば良いのか分からない事に気が付いた時点で地図を確認できるPAとかはもう無い(と言うか、分岐まであと500メートル…)…自信の無さが走りにもそのまま?出て、一番左端の走行車線へ車線変更

…そのまま左へ…

その後「佐野藤岡IC」の標識を見た瞬間に確信した。。。「間違いない。。。逆だ。。。」こういった場面に遭遇した時に「若さ故の過ち…」と思うのか「神の啓示…」と思うのかで人生の極楽加減が分かれるんじゃないかと思うな(笑)ま…神の啓示を受けたんじゃ仕方が無いので、「佐野藤岡IC」で高速を降りることに。

こうなりゃしょうがない、妥協案として…とりあえず佐野ラーメンでしょっ(喜)

ただなぁ…時間的に妙な時間帯だからなぁ…やってる店ってどこなんだろう…等と考えて出た答えが「おぐら屋」。
100人位?収容可能な大規模店舗だから普通にやってるだろうと道の駅「どまんなかたぬま」を過ぎて、ぶつかった国道293を記憶を頼りに左折。結果…佐野市を通り越し、足利市の標識が目に入る………こういった場合、落ち着いてUターンをして、来た道を戻らなければならない。

もちろんこれは単なる間違い、これも神の啓示である(爆)

何だかツーリングレポートと合体してしまった状態だがまぁいいや(笑)おぐら屋ではチャーシュー麺を頂きました。時間的に空いてたこともあってか、直ぐに着席&5分位で麺着(笑)あっさりした佐野ラーメンそのもので、私自身大好きな味ですね。

一応マイナスな事も書いておくと、客が少ない時のオペレーションが存在しないのか、正面ドア?を開けてシャア・REDな上着の私が入店しても30秒間程、正面前方に居並ぶ5名程の女性店員様達には私が見えなかった模様。「いらっしゃいませ」の一言があってほっとかれるのと、何も無しでほっとかれるのは随分印象が違うから、これは『真性M』な俺だけにしといた方がいいと思うな(爆)

多分ラーメン好きの方々には店構えからして受けないんだろう気もしますが、これだけの客数をこなせる佐野ラーメン店として貴重な一軒なんではないでしょうか?

喜多方ラーメンのチェーン店としての「坂内食堂」的なポジションを、地元佐野市で担っている気がします。

ただ、こちらも含め佐野&小山市のラーメン屋さんで出される「ふっくら餃子」が正直個人的に好きではないので今回は頼みませんでした。ご近所?の宇都宮餃子みたいなのを出してもらえると嬉しいんだけれどなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。