【台東区】 つし馬 「冷やし煮干しそば」

   

飲みの〆は久々の「つし馬」。限定三十杯の「バリ煮干しそば」にしようか「中華そば」にしようかちと考えていたら、夏限定で「冷やし煮干しそば」なる面白そうな一杯があるのでこちらの食券をポチッとな。

変わらぬ店内のカウンター席で待つ事5分も掛からずに注文の一杯が到着です。見た目は普通の中華そばとそんなに違いを感じないですな。それではスープから頂きま~す!

お~っ!煮干しなのにこのスッキリ感は暑い夏に合いそうだっ!(旨)

普通の温かい中華そばだとスープ表面から沸き上がってくるような煮干しの香りが抑えられている為、口に入ってはじめてその味が広がるという独特な味わいになってます。麺は冷えたスープの中を泳いでいる事もあって、冷麺とまではいいませんが程良く締まっている印象。冷やすと固くなってしまうと聞いた事のあるチャーシューは普通に食べやすかったのが意外でした。メンマと刻みネギは何の違和感もなく冷たいこの一杯に合ってます。

ただ、食べ進めていくにつれ感じたのは、何だか勿体ないなぁ…という正直な感想。本来味わえる香りが抑えられているのが勿体ない気がするんだよなぁ。もの凄く暑い真っ昼間に「が~っ」と食べれば満足なまま最後まで行けると思うけど、今日は涼しかったってのもあるのかも。

そんな訳で、このお店の旨さを堪能するなら少々暑くっても「冷やし」じゃ無い方を個人的にはお薦めです。つけ麺もあったりするんですがそちらはどうなんだろう?浅草には良く来るので次はつけ麺を食べてみよう。

そうそう、前回伺った時に感じた「日本観光の玄関口浅草」にあるラーメン屋として、相当いい線いっているんでは?という事を今回も感じました。メニューは全て写真&簡単な英語の解説付き。限定三十杯の「バリ煮干しそば」のポスターにまで英語の解説が(笑)

ご馳走様でしたっ!また来ま~すっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。