【コソ練グッズ入手!】

【コソ練グッズ入手!】

土浦市内から鹿嶋へ戻ろうとしたら、思いっきり迷子に。
その結果…視界に「ハード・オフ土浦店?」が入ってきた。

最近気になって仕方がないデジカメコーナーを見てみたのだが、少しの在庫しか無い状態。もしかして、連休中に売れちゃったのかな?
で、「ジャンク・コーナー」を物色した後、楽器コーナーへ差し掛かった訳なのだが。。。ショーケースにヤマハのトロンボーンが2本。クラリネットやフルートも何本か有ったな。どの地域でも中学とか高校の部活だけでしか使わない楽器が大量に発生するんだろうから、どこの「ハード・オフ」にも管楽器は有りますねぇ。

そのまま通過しようとした俺なんですが、何か気になる黒い物体が…「あぁ…サイレント・ブラスのトランペット用ね。俺には要らないなぁ…」…って、『サイレント・ブラスのトロンボーン用』じゃねぇかっ!(驚)

いやぁ…中古で売ってるの初めて見たよ。トランペット用は「たま~に」見かけるんだが。。。ショーケースの前で考え込み、他のコーナーを回ってもう一度考えて…結局購入。

8400円という値段に躊躇したのもあるんだが、そもそもこれって練習になんのか?って疑問をずっと抱いていたのだなぁ。

『サイレント・ブラス』を軽く説明すると、ある意味暴走族よりも迷惑な大音響を発する宿命にある金管楽器の練習を、他人に迷惑にならないような音量で練習できるマシ~ンなのだ。

ただ…トロンボーンに限らず金管楽器吹きなら分かってもらえると思うんだが、ミュートをくっつけた状態だと全然息が入らないよなぁ。。。俺は特にミュートが苦手で、カップミュートはおろかストレートミュートも大嫌いだった。プラクティス・ミュートに至っては論外だろ。あんなもんで練習する位なら、エア・ギターならぬエア・トロンボーン状態で練習した方がいいんでは?ってな扱いだった訳だし。

でもそうは言っても、『コソ練』可能グッズとしての可能性が少しでもあるんであれば、試してみたいのが俺の正直な気持ちでもある。言葉の意味が分からない方がいると何なので一応説明しておくと…

—————————————————————-
~~『コソ練』~~
  こそこそ(こっそり)練習する行為を示す名詞・動詞。
—————————————————————-

練習すると言うことは、自分が天才ではなく凡人だと認めている状態な訳でして、自分は凡人だと知りながらも他人には天才と見せつけたい野望を持ち続けているB型人間に分類される人々的には、あんまり他人に見せたく無い訳だ。そんなこんなで、誰にも見られず練習する方法やらグッズには目が無いんですね(爆)

一体何がそうさせるのかを考えると…俺の場合(*過去1stトロンボーン吹き)はこうだな。

①2ndトロンボーンの奴に「文句を言わせない」技量を、こっそり習得&維持したい。
  オケの場合はバストロは別の楽器なんで、あんまり比較対象には上らないな(笑)

②血気盛んな隣のトランペット連中に、
  「ザクとは違うのだよ…ザクとはっ!」的オーラを見せつけたい。

③ホルンの連中には、
  「スーパー・サブの俺達は、練習なんてしなくていいのさっ!」と言ってみたい。

④パーカッションの連中には、
  「ドラを叩くメンツが必要なら、いつでも言ってくれ。
  練習なんてしなくても俺なら出来るから。」
  …と常日頃から言っておかないと演奏会の曲目次第では失業状態になる訳で(爆)

⑤木管の連中には、
  「とにかく練習&本番でカッコいいところを見せたいっ!」
  何故なら女性が多いから(爆) ←良くも悪くも色々あったりするのだが、
  ま、それは別の機会にでも。

⑤弦の連中には、
  「楽譜上の音符の数の違いが、音楽の決定的差ではないことを教えてやるっ!」
  と言って、了解を得てみたい(爆)

マイナス方向の発想としては、
「あいつあんなに練習してて、本番では外してやんのっ(プッ)」
て言われるのが怖いってのも有るかもね(爆)

(注釈)
*1stトロンボーン吹き = 楽譜上トロンボーンで一番高音を担当する人。
               文字的にはリーダー的意味合いを感じたりもするが
               音楽的にはあんまり関係が無い。
               似た意味合いとして「トップ吹き」とも呼ばれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。