水戸駅南口がオシャレな街になってきた!

一本気で旨い一杯を頂いた後は、「エクセルみなみ」という名の駅ビルの中を見物開始。震災の影響で2ヶ月近くオープンが遅れた(ビックカメラの階はまだオープンしてない)のかな?まぁ水戸駅周辺もかなり地震でガタガタだったから仕方無いよなぁ。

ラーメン街の一角にあったスイーツ屋「Angel Sweets」。店の横側には、この店のかき氷の特徴が書かれていた。「天然氷を、ひたすらうす~く削りました。ひとくち含むとふわっふわ☆ それはまるで絹のような食感。」

これは旨そうだっ!個人的な予想ではあるが、かつて出張で食べた「鹿児島の天文館むじゃきの白熊」ばりのかき氷が食べられそうな予感がする。さっそく頂きたいところではあるが、店の前のテーブルを女子高生に完全占拠されている。このテーブルに俺がかき氷を手に割入ったりしようものなら

「このオジサン、ちょ~キモ~~イっ!」

とか容赦なく言われている自分が見えた気がするので、平日来た時に食べる事にするよ(汗)

こちらは見晴らしの良さそうなカフェ兼バー。どうやらビールにこだわりがある模様で、常陸野ネストビールという那珂市の地ビールをはじめ20種類位のビールが飲めるらしい。そう言えば、最近こういうお洒落な空間とは久しく関わっていない気がするなぁ。

こちらは「茨城・栃木・群馬」の名産品が一堂に会するという、誰も予想だにしなかったであろう「LOCO’S North Kanto」なるお店。かなり広い面積でして、群馬のうどんやら鮎の甘露煮、栃木のレモン牛乳クッキーに宇都宮餃子など、よくここで売り出す決心をしたよなぁと言いたくなるような、ガチの北関東三県の物産品が揃っている。高崎だるまに日光の工芸品が水戸に並んでるんだぜ?すげぇと思わないか?

ちと気になったのはこの店って常設じゃないんじゃないかなぁ…ってな事なんだが、どうやら通年営業の本気モードらしい。

エスカレーターから良く見える場所にあったお店のオブジェ。地図そのまんまではあるんだが、左から順に「群馬」「栃木」「茨城」。高速道路の北関東道の開通で、この3県はさらに一体感を増したってな事なんだろう。シンボルは3輪の円に一本の線かぁ。こういうデザインを造る人ってのは凄いよな。

3Fに移動して奥の方へ行くと、「グロッサーズ」というスーパーの様な一角が。何というか「成城石井」的なオシャレ具合も合わせ持ったスーパーでして、写真の棚は全てレトルトカレーだったりします。何種類あるんだこりゃ?

そして3Fを良く見てみると、魅力的なお店が多数出店中。筆頭はこちら「五浦ハム」。各種イベントでなければ食べられない感のある「五浦ハム焼き」を、何と水戸の駅ビルで売っているではないかっ!さすがに常設では無さそうなのが残念ではあるが、これまた旨い事を知っている女子高生達が店先のテーブルを占拠している状態だった。

想像して欲しい…ハム焼きにかぶりつく女子高生達の姿を。美しい光景だろう?

Imagine all the jyoshikousei
Eating hamyaki in peace. (意訳)

そしてなんと驚く事に、俺の住んでいる日立市大みかで味噌を造り続けて135年の「みずきの庄」までもが、自慢の味噌と「みそプリン」を引っ提げて「攻め」の営業開始中。みそプリン、冗談抜きに旨いんで是非皆様お試しあれ。

それにしても今までの水戸のイメージをぶち壊す空間だなこりゃ。ビックカメラの開店が楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。