「長崎までは経由便」&「今月の科学雑誌「Newton」は、『きちんと知りたい「原発と放射能」』」 ~豪華2本立て~

今月号の科学雑誌「Newton」は『きちんと知りたい「原発と放射能」』です。先月号の時にも書きましたが解説が非常に分かりやすいので、「原発と放射能」を良く知らずして怖いと感じている方にこそおすすめです。

ちなみに私がこの雑誌を読んでいたのは高度約1万メートル。母なる地球の表面からこれだけ離れると宇宙線(要するに放射線)が地上の100倍程度になりますので、色々と心配な方々はまず「飛行機には乗らない」事をお薦めします。それから前回も書きましたがこの科学雑誌「Newton」は図書館にほぼ確実に収蔵されていますので、図書館でも読める雑誌です。

そりゃそうと今回長崎へ向かう飛行機、搭乗手続きをしたら搭乗券が何故か2枚出てきた。あれっ?往復分同時に発券されるようになったのかな?と思って良く見てみたら…

えっ!?これってもしかして…「神戸経由」便ってこと?!ええっ?!震災の影響とかではなく…最初からそういう路線だったんだ…

イエーイ!やったぜっ!何だか得した気分だよっ!(喜)

てっきり羽田から長崎まで一気に行くもんだと思ってた。。。

最近?「電車旅」の魅力には気が付いた。とは言うものの、飛行機ってのは絶対的なスピードこそあれ「寄り道」的なアプローチがあり得ないので、国内では出張以外で使う日は絶対に来ないと個人的に感じていたんだよな…

…でも、こうやって途中「神戸空港の売店」に寄れる便があるなら話は変わってくる。時間にこだわるビジネスマンには無駄に地上に30分以上張り付かされるこの便は最悪だろう。選ぶ価値は全く無いと思う。ただ…それ以外の方にとってはどうなんだろう?目的地ではない観光地へちょっと立ち寄ったような気分になれるのであれば、「経由便」を選ぶ飛行機旅は「有り」かもしれない。事実「俺的には」有りだった…のだが…。

売店で見掛けた空弁?「ひっぱりだこ飯」が目に止まったので買おうとしたら…残念ながら売り切れだった。帰りも恐らく神戸経由だろうから、その時に「ひっぱりだこ飯」狙いで…また伺いま~す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください