「ウィークエンドパスで電車旅」 ~『高崎から「北越急行ほくほく線」まで』~

今回の電車旅、先にGPSログを出してしまった方が分かりやすそうなので初日分を御紹介。

普通、高崎から長野へ行くとなったら新幹線(何と1時間掛からない)か、少々色気を出したとしても信越本線で横川まで行き「碓氷峠鉄道文化むら」あたりを見学した後で「横川駅~軽井沢駅の路線バス*注)基本的に土日のみ運行」(500円)を使って「しなの鉄道」経由で長野へ向かうのが多分普通の感覚。

がっ、バイク乗り「かつ」電車乗りにポケモンのごとく進化した今日、そんな普通な事をしたのでは単なる旅行になってしまうので当然の事ながら大回り。無駄にまみれた足取りが残るあたり、実はバイクのツーリングの時と本質的には変わってないのかもしれないなぁ(笑)

 

ま、そんなこんなで朝の高崎駅へ。

「ウィークエンドパス」は普通の券売機で買えるのかと思ったら「お得なきっぷ」ボタンを押しても出て来なかったので、高崎駅のみどりの窓口で購入。思い立った当日でも買えるお得な切符ではあるものの、始発狙いとかの場合には早めに買っておいた方がいいかもなぁ。

「ウィークエンドパス」を無事手に入れて、ジョルダンの案内より1時間程早い7:25発の吾妻線で北上開始。沿線の高校生が大勢乗っている車内は良い意味で活気に溢れてますなぁ。上越線に乗り換えついでに「焼きまんじゅう」を買った渋川駅を過ぎた辺りから、蛇行する利根川沿いを国道17号と時折交差しながら進んで行きます。この辺りはバイクで走っても気分がいいですが、電車で行くのもいいもんですね。左右に迫り来る山々が徐々に迫ってきて…くっつきそうな寸前で「水上駅」へ8:49に到着です。

ここからさらに北上する越後湯沢方面への電車の発車時刻までは1時間程あるので駅前を少々散歩したりしつつ…朝飯を頂きますか。

    

時間的にまだ開店準備中(開店作業中)のお店が多いんですが、すでに暖簾が出ていたこちら「くぼ田」へ伺いました。蕎麦・うどん屋さんと言う事ですが、水上と言ったら「うどん」の方が旨そうなイメージがあるので「冷やし三色 きのこうどん」を注文です。

少々待ちましてやって来たのがこちら。三色の種類は「なめこ」と「しめじ」と「舞茸」って事ですね。それでは頂きま~す!

う~む!やっぱり群馬の「うどん(特に冷たい奴)」ってのは、無茶苦茶「腰」が強いです!

チェーン店(「なか卯」のうどんは群馬県内でもチェーン店です)とかでなければ、群馬の「うどん屋」は独特なうどん(「ざる系」はとにかく腰が強い!)を普通に出してくれますので、是非一度食べてみて欲しいです。「讃岐うどん」とかとは全く違う食べ物なんですよっ!

 

ま、そんなこんなで腰の強いうどんを食べ終わり、お茶を飲みながら少々お店の方とお話をさせて頂いた。

(女将さん) 「これからご旅行ですか?どちらまで行かれるご予定で?」

(俺   ) 「長野へ行く予定です。新潟の方からぐるっと廻って。ところで最近景気はどうですか?」

(女将さん) 「長野…あら…そうでしたか……。3月11日のあとはやっぱり自粛自粛で…。

       …長野ですか…朝のドラマの舞台の松本にはお客さんが沢山来てると聞いてますよ。

        お客さんも行ってみて下さいな!」

(俺   ) 「そうですね…。行ってみます!」

旅先で、「朝」に今日の行き先を聞かれるとホントに困る事が多い(全く行き先を決めていないから)のだが…

今回珍しく行き先が決まっていて、目的地を何も考えずにそのまんま言ってしまった事を後悔した水上駅前だった。

 

水上駅からの上越線は、いかにもローカル線なBoxシートの電車がお出迎え。そうそう!この雰囲気を待ってましたよっ!

水上駅から越後湯沢駅までこの電車に揺られまして…越後湯沢駅にて「北陸急行ほくほく線 普通電車」へ乗り換えです。この駅に降り立って感じたのは…まさかの「デジャブー」感。

あ゛~っ!この駅とこの路線…仕事で来た事あっただろう!?

そうだ…「富山」出張でこのホームに降り立った事があるよ。。。しまった…この路線は乗った事があったんだよなぁ…飯山線乗り潰しにすれば良かったよ…(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。