【札幌市】 けやき本店 「味噌ラーメン」

稚内から400kmの電車の旅を無事終えて、札幌市内のビジネスホテルへチェックイン。荷物を放り込んだら晩飯を求めて街へ繰り出す訳だが…今回泊まるビジネスホテル、思いっきり風俗街のど真ん中に位置している。近くの雑居ビルにもラーメン屋があったりするんだが、さすがにこの状況だと「○×ラーメン」という屋号の風俗店である可能性を排除出来ない…(爆)

仕方が無いのでいつもの「超らーめんナビ」を使ってラーメン屋を探すと…どうやらすぐ近くに「けやき」という人気店がある模様。地図を頼りに向かってみると8人程の行列が出来ていたが、これ位ならすぐに入れそうな気がしたので行列の最後尾へ。

恐らく氷点下の冷え込みの下15分程待ちまして店内へ。食券の券売機を見ると「味噌ラーメン」を中心に「辛いラーメン」なんてのもあるようだが、ここはやっぱり味噌ラーメンをポチッとな。

水を飲みながら出来上がりを待っていると、お隣の関東からの出張組な2人が北海道の花粉状況について話をしていた。どうやら北海道は杉自体が少ないらしく杉花粉症はほとんど無いとの事。SOHOが更に進んでゆけば、春先は北海道に疎開する人が沢山出てきそうな気がするな。それからこれは笑えない内容ではあるんだが「北海道って揺れないなぁ…」とも言っていた。もしかしたらこのお二方、出張元は近所なのかもしれませんな。

こんな感じにカウンター席に座ってから5分程待っていると注文の一杯が到着です。ふむふむ、黄色味の強めな味噌ラーメンですな。それではスープから頂きま~す!

旨いぞこれはっ!(喜)

濃すぎない・塩辛すぎない味噌スープでして、保温を兼ねた表面の油はもちろん熱々ですが、さほど油ギッシュな印象を味的に受ける事は無いあたりが不思議です。お次は麺ですが、黄色くやや透明がかった中太の縮れ麺。固さと言うよりも弾力があるタイプですね。具は結構豊富でして、白髪ネギにメンマ、モヤシにキャベツに薄くスライスされたキクラゲに肉そぼろってな感じです。

寒い中で待っていた後で食べているという事もプラスに働いているんだと思いますが、中華鍋でその都度スープに火を入れていたり、光学式の比重計(塩分濃度の測定なのかな?)を仕込み中のスープに対して行っていたりと、真面目に取り組んでいる事が旨さの秘訣なんでしょうな。炒めたキャベツの甘みを堪能しながら、スープ共々完食です。いやぁこの一杯はほんとに旨かった!

これは機会があったらでは無く、機会を作ってもう一度頂きたい一杯ですな。ご馳走様でしたっ!また来ます!

ラーメンの後はホテルで酒です。左は「サッポロクラシック」という北海道限定ビール。何と言えばいいのか、バドワイザー系のすっきりした旨さがありました(薄いって意味では無いですヨ)。右の「札幌すすきのビール」ってのは、マイナスイオン水仕込みらしいんだが、イオン化した水?ってのは一体どういう状態なのかを教えてもらいたいのはともかくとして、こちらは苦みを伴った美味しいビールの印象でした。ただ一缶350円位の結構高めなお値段なので、酔う為の2本目以降は「ザ・プレミアム・モルツ」にでもしておいた方が、まだ懐には優しいです…(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。