それ行けJR最南端! 「なのはなDX号で指宿へ」

え~、鹿児島旅行出張二日目のメインイベントがついにやってきた。JR最南端の「西大山駅」目がけて電車でGo!な訳だが、仕事の開始時間と、やたらと運転本数の少ない指宿枕崎線の指宿以西の兼ね合いを考えつつ、指宿で一っ風呂浴びる為には…

9:27 鹿児島中央発 指宿行き(なのはなDX1号) → 10:20 指宿着

  ~指宿にて3時間程の自由時間~ 

13:17 指宿発 枕崎行き → 13:35 西大山着

14:18 西大山発 指宿行き → 14:36 指宿着

14:41 指宿発 鹿児島中央行き(なのはなDX6号) → 15:35 鹿児島中央着

この組み合わせしか無いんだよなぁ。

しかも何かの拍子に電車が動かなくなったりした場合、タクシーでも呼んで自腹で時間的なつじつまを合わせなければならないという、珍しくお気楽極楽路線とは程遠い覚悟で臨んでいるのだが…

ま、ダイヤが乱れるまではやっぱりお気楽極楽な訳なんですが(笑)

冒頭の写真はこれから乗り込む「なのはなDX1号」。イメージカラーの「黄色」が眩しいと言いたい所ではあるが…正直言って薄汚れている感がするんだが…。まぁ乗ってる時には見えないんだから気にすることはないっ!等と言っているから、自分が乗っているバイクも汚れっぱなしな訳ですな(汗)

こちらは指定席車両の写真。真ん中に写っているのは海側を向いている観覧席?です。とりあえず自分の席に座ってみましたが…ほほう…事前情報で知ってはいましたが、確かにこの座席、見てくれは観光気分になれますが、座り心地というかリクライニング不能で背もたれがほぼ垂直に固定ってのはあんまり嬉しくないですなぁ(汗)

しばらく自分の座席に座って発車を待っていると、どうやら指定席のお客さんは自分も含めて6名足らずの模様。皆さん自分の指定座席に座って行くようだったので、指定席車両中央部にある観覧席に終始座らせてもらいました。

その後定刻通りに鹿児島中央駅を出発し、鹿児島市内を抜けてしばらくすると、目の前に鹿児島湾の風景が広がるんですが…静岡県の伊豆急行で感じるような風光明媚さが無いのがちと残念と言えば残念かな。もう少し抜けるような青空が広がっていたりしたら、また違った印象だったのかもしれません。でもまぁ普通の座席とは違った気分で車窓を眺められるので、この席はお気に入りだな。

この窓から外を撮ると窓自体が青みがかっているんで、うまく撮るのが難しい。小海線もそうだったよなぁ。Photoshopとかで多少いじると見た時のイメージ通りに修正出来るものなんだろうか?今度やってみよう。

そんなこんなで50分程の電車の旅を楽しんで、温泉地として有名な指宿へ到着です。指宿駅前は3/12の九州新幹線全線開通と同時に運行開始になる「指宿のたまて箱」という特急電車歓迎一色になってまして、駅前には沢山の菜の花が飾られています。

駅前広場を撮っていると、稚内駅から3074キロと刻まれた記念碑を発見。う~ん…感慨深い。

ところで駅を飾っている菜の花は、よそから持ってきた感がどうしても漂いますが、線路の沿線に菜の花が沢山咲いてました。

さて、駅前散策はこれ位にして指宿の街を散歩しますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。