【大田区】 せたが屋 羽田国際空港店 「せたが屋らーめん」

【大田区】 せたが屋 羽田国際空港店 「せたが屋らーめん」【大田区】 せたが屋 羽田国際空港店 店構え
東京ラーメンストリートの「ひるがお」では食べたことがあるものの「せたが屋」では一度も食べたことが無かったので、江戸小路に出店しているこちらの支店で昼飯にすることに。昼時を外しているにも関わらず10人ほどの行列が出来てまして、おまけになかなか前に進みません。ちょっと様子を観察していると、どうやら4人組ほどのグループが多く、カウンター席に1人分の席が空いても案内のしようが無いみたい。ま、場所柄どうしてもそうなっちゃうのは仕方ないやね。グループが座れる席が空くのを2回ほど待って、約15分待ちで入店です。

食券を渡してからの出来上がりは早く、作るのが遅いわけではやっぱりないみたい。こういった場所はお店側も色々と大変ですな。それでは毎度の事ながらスープから頂きま~す!

ほうほう、これがせたが屋のラーメンですか。意外とあっさりしてますな。

煮干し系とは聞いてましたが、もっとガツンとくる味で有名になったのかと勝手に思っていたのでちと驚きました。ただ、押しはマイルドですがジワジワと迫ってくる印象です。先に食べ終わったときのスープの印象を書いてしまうと、最後の方はちょっと濃い(塩辛い)と感じた程です。

麺は中細縮れ麺で腰があるというよりは弾力がある麺で自分の好みに合ってます。具は青ノリと飾り包丁を施されたメンマ、ノリに刻みネギにナルトに半熟卵1個分。青ノリの部分は当然の事ながら磯の香りが強く、ここだけ味が違って面白いですな。飾り包丁を施されたメンマは素人的に何となく、シャキシャキ感が失われている気がするんだが。。。チャーシューは程よい固さを残したタイプで旨いです。一番行列に近い場所のカウンター席に座っていたため、グループの待ちだとホントは関係ないんですが…のんびりせずに退散です。

今となっては魚系のお店は結構多いんで、新しめのメニューを次回は食べてみますかね。このお店では無いかもしれませんが、また「せたが屋」に来たいと思います。もちろん羽田の国際線にお世話になる時はこちらに伺いますが(笑)ごちそうさまでしたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。