横浜中華街の旧正月「祝舞(しゅくまい)遊行(ゆうこう)」を見物など

横浜中華街の旧正月パレード「祝舞遊行」の開始時刻が迫ってくるとスタート地点の「山下町公園」周辺に続々と見物客が集まり始め、演者の皆さんが公園内に出て来た時には凄まじい人出になってました。見やすいポイントが良く分からなかったので昨日の夜お参りした「媽祖廟」の裏の高い場所から見物しましたが、それにしても龍も派手なら衣装も派手です。

中国の民族衣装というか歴史的な衣装を身にまとった演者の方。日常的に目にする光景ではもちろん無いですが、さすがに風格がありますな。手に持っているのは槍なのかな?

見物人でごった返す「山下町公園」から続々と道へ出て行く龍と演者の皆さん。かなりでっかい龍の割には突然「とぐろ」を巻き始めたりと結構芸達者だったりします。公園から1グループ出ていく毎に「爆竹」の音が鳴り響きます。いやぁ凄い迫力です!

山下町公園から全員が出発していく様子を見送ったので満足して駅に向かおうとしたところ、街中を練り歩いている獅子舞やら龍やらの皆さんに結局何度も出会う事に(笑)

もの凄い人出の後ろの方からの撮影になった為、ついにG1の「バリアングル液晶」を初めてまともに使って他人の頭越しに撮影開始。

マニュアルフォーカスだから両手で持ち上げてピントも合わせてと、正直言ってかなり厳しいが(汗)

動き的には非常に愛嬌のある獅子舞を何とか撮ったのが上の一枚。せめて50mmで待ちかまえてたらもう少しは良かったんだがなぁ。

こちらも同じ撮り方で撮った龍。見てくれの怖さとは違って、時折子供の頭に噛み付いてみたりと結構おとぼけ気味の龍だったりします(笑)

まぁ去年は何だかかんだと色々ありましたが、同じアジアの一員としてお互いの文化を理解していける一年に今年はしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください