【新横浜ラーメン博物館】 支那そばや 「醤油らぁ麺」

笠岡ラーメンを頂いた後は、腹ごなしがてら軽く建物を一周。駄菓子屋コーナーとかも昔と変わらずってな雰囲気ですな。

ラーメンの食べ歩きを始めてから佐野実氏の本を読んだりTV出演を見たり、三島にあるお弟子さんのお店「毎度」へ行ってみたりした事はあるものの、未だ御本人のお店(この店をそう呼んでいいのか良く分からないが…)で食べた事が無かったので、今日の二杯目はこちらで頂く事に。

食券の自販機の前でちと悩むものの、最初はやっぱり基本を頂きたいので「醤油らぁ麺」をポチッとな。ちょうど空いていたカウンター席に座って待つ事数分で注文の一杯がやってきました。ほぉ…これがあの強面「佐野実氏」のラーメンかぁ。それではスープから頂きま~す!

こっ…これは…旨みが濃い~っ!(喜)

うわぁ…。このスープ文句なしに旨いんですが、先に食べた一杯と完全に路線がダブっちまったなぁ(汗)醤油は抑え気味で鶏感?たっぷり。スープ表面の脂は結構多めでして、最初の熱々スープと相まって最後の最後までスープが冷えなかったのも嬉しい限り。麺はやや細めのストレート麺で、腰があると言うよりはしなやかさが際立っている感じです。具はノリに刻みネギ、ばらけて細い?メンマにチャーシュー。チャーシューの食感はトロトロ系で、脂身がとっても甘くて旨いです。

麺にスープが絡むタイプではないのでレンゲでスープを飲み進めつつ…完食です。「中華そば坂本」の一杯同様量的に多い訳では無いのに旨みの濃さ故、もの凄く食べた気分になれる一杯でした。

いやぁ次回は何にするか楽しみになりますね(喜)ご馳走様でしたっ!今度は戸塚の開かずの踏切近くにある本店に伺ってみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください