「青春18きっぷで長野旅行」 ~『1166 バックパッカーズの夜…そして朝』編~

「1166 バックパッカーズ」 チェックアウト時の雪景色

銭湯で温まった後は、本日の宿へ向かいます。今回お世話になるのは「1166 バックパッカーズ」という名前そのまんまの存在の宿なんですが、バイクのツーリングではテント暮らしが基本の自分にとって「ユースホステル」や「バックパッカー向けの宿」や「ライダーハウス」ってのは、あんまり関わった事が無かったりするんだよなぁ。うまく立ち回れると良いんだけれども…なんて余計な心配をしてみたり。

そのくせ「ドヤ街」に泊まる事には何の抵抗も無いあたりが自分でも笑える。

そんなこんなでちと迷子になりつつ辿り着いた宿では、ガラス戸の向こうに楽しそうな光景が広がってます。ぱっと見「外国人だらけ」な気がしますが…だからこそここで間違い無さそうですね(笑)

引き戸を開けて「こんばんは~」と言ってみたところ…皆さん笑顔で迎えて下さいました。

とは言うものの…「はて?お客では無くって、この宿の関係者はこの中の誰なんだろう…?」と思っていたら、一番「経営者」っぽくない方に「ちょっとここで待ってて下さいね」と言われ…

…気が付いたら「ジェンガ」という遊びに自分も参加してました…(爆)

一応論理回路の設計屋の自分が理屈っぽく考えるに…3本あるブロックのうち、両端のブロックを抜く事を優先していかないと「世界新記録達成」は無理そうですね。。。(注)パズルでは無いので、もちろん理屈通りにはいきませんヨ。

ま、我々の場合は結局30段で崩壊しました。宿の記録更新ならず…(笑)

こんな感じに夜は更けまして…最終的には談話室?でポメラで今日の出来事をメモったりしていたら日付が変わりました。夜に皆で過ごした風景を一枚で良いから写真に収めておいたら良かったなぁ…という後悔をしつつ寝て…起きた翌朝に目にしたのが冒頭の写真の光景です。この程度なら普通に電車…動いてるよね?

つい最近、会津若松の一晩での積雪1mを体験してるので…無責任な強気さを発揮…(爆)

そうそう、この宿の「女将さん」と呼ぶにはさすがに若すぎると思うので…某アニメになぞらえて「管理人さん」と呼ばせて頂きますが、リフォーム的な手法を織り交ぜながらこの宿の今日を迎えているバイタリティは相当なものだと感じました。率直な話「惚れた」ので、春先か梅雨の前の時期あたりに、今度はのんびりと伺えたらなどと思ってます。

その時は是非また宜しくお願いします!毎日色々と大変でしょうが、お元気で!

…とまぁ…こんな感じに楽しい一晩を過ごしまして…一晩で雪化粧した道のりを長野駅まで歩いて行きま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。