【長野県長野市】 ラッキー食堂まとや 「ラッキーつけ麺」

【長野県長野市】 ラッキー食堂まとや 「ラッキーつけ麺」

【長野県長野市】 ラッキー食堂まとや 店構え

明日の朝だとお土産屋さんがまだ開いてないかもしれないので、長野駅のそばのお土産屋でお土産を買ってラーメン屋へ。毎度毎度の「超らーめんナビ」で検索をかけると…「ラッキー食堂まとや」ってのが気になったので伺いました。カウンター席に座ると、目の前に小麦粉の袋&若干粉にまみれた製麺機が鎮座してます。これで自家製麺でなかったら逆にビックリな眺めですね(笑)

メニューは二郎系な見た目の「ゴリラー麺」なるものもあったんだが「ざるそば」からの連食なので、さすがにこいつは回避だな。そうだなぁ…こちらのお店一番人気の「ラッキーつけ麺」ってのを頂きますかね。お店の方に注文すると、麺の量を選べるとの事。200グラム~500グラムまで追加料金無しという驚きのシステムではあったんですが、ざるそばを食べたばかりなので200グラムを注文です。こういうお得なお店で少量を頼むと

何かとっても「損した」ような気分になりますなぁ…(爆)

多分、心理学では「○○効果」とか言う単語が有るんでしょうねぇ(笑)

「野菜も別皿で付けられますがどうしますか?」との事でしたので「軽めにお願いします」と伝えると、「少量なんで普通にお付けしますね」との事。ラーメン屋とは思えない丁寧なやりとりの連続に感心しきりです。

そんなこんなでしばらく待ちますと、注文の品が到着です。まずはつけ汁と野菜が運ばれてきまして…確かにこの量の野菜なら減らす必要無いですね。そして200グラムの麺も到着。それでは麺をつけ汁に付けて頂きま~す!

おおっ!豚骨魚介ではあるが…このアッサリ具合はちょうどいいぞっ!(旨)

確かに流行の豚骨魚介系ではありますが、魚介の割合が相当に薄い印象です。ここいら辺は好みの問題になるかと思いますが…やたらと魚介が前面に出ている「つけ汁」よりも、これ位の方が旨いと思います。自家製麺の麺は中太の黄色い縮れ麺でして、プリップリの食感です。こりゃぁ麺も旨いですな。つけ汁の具はメンマにバラチャーシューに刻みネギに表面に背脂と麺の脇にノリが2枚にモヤシ&キャベツの小皿。背脂が結構多めに見えるんですが、さほど脂っこさを感じなかったのは何故なんだろう?それからこちらのお店のように別皿で野菜を出してもらえると、とっても食べやすい事に気付かされました。以前、茨城県の神栖の「どてちんII」で食べたつけ麺は、最初からつけ汁に野菜がてんこ盛りで食べにくい事この上なかったからなぁ…

もちろん「あの食べにくい路線」自体は個人的に大好きなんですがネ(笑)

これなら麺300グラムでも良かったかも…という良いイメージで最後まで食べ進める事が出来ました。川越の「ラーメンアキラ」もそうでしたが、二郎系の雰囲気を漂わせつつも大雑把な味付けではないお店が増えているのは嬉しく思います。

ご馳走様でしたっ!次に伺う時は「ゴリラー麺」攻めしない訳にはいかないですな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。