【福島県金山町】 玉梨とうふ茶屋 「幻の青ばととうふ」等々

【福島県金山町】 玉梨とうふ茶屋 「幻の青ばととうふ&幻の青ばと豆乳」    【福島県金山町】 玉梨とうふ茶屋 囲炉裏の雰囲気

【福島県金山町】 玉梨とうふ茶屋 「豆乳そふとクリーム」    【福島県金山町】 玉梨とうふ茶屋 店構え

ツーリングマップルに載っていて気になったのと、道沿いに「幻の…」と題された看板が何カ所かあって気になった「玉梨とうふ茶屋」へやって来た。水に浸かったお土産用の沢山の豆腐が用意されている店内に、囲炉裏のテーブルが置いてあって店内で豆腐を頂けます。

メニューを見ますと…「幻の青ばととうふ」や「幻の青ばと寄せとうふ」や「幻の青ばと味付きおから」等々、「幻シリーズ」が各種ラインナップ。一番シンプルそうな冷や奴?の「幻の青ばととうふ」が530円と結構なお値段だが、せっかくなので「幻の青ばととうふ」と「幻の青ばと豆乳」と「ドーナツだ!雪花菜(おから)」を注文。あっという間におばちゃんの手によって運ばれてきましたが…最初に高いなぁ…と思った「幻の青ばととうふ」、

これって2丁分以上有るんじゃないかという大きさです(驚)

「青ばと(枝豆)」で作った薄緑色をした豆腐と一緒に味噌汁椀にたっぷり入ったカツオ節や薬味を渡されますが、まずは何も付けずに頂きま~す。

おっ!こいつは豆の味がしっかりしていて旨いっ!それにさすがは豆腐専門店、豆腐の温度が絶妙で、おそらく一番旨さを感じるであろう温度での提供です。この後、おかかを掛けたり辛味噌をつけて食べてみたりしましたが、何もつけないのが一番旨いな。個人的には普段から冷や奴には醤油も何もかけずに食べるのが大好きだったりしますんで、当然と言えば当然かな。

量的にはかなり多めの豆腐を大満足で頂いた後は、写真を撮り忘れた「おからドーナツ」を食べながら豆乳をゴクリ。

この「おからドーナツ」最高ですっ!(喜)

外の柔らかいながらもサクッとした食感と、中のしっとりした食感がとにかく素晴らしい。控えめな甘さもバッチリとしか言いようが無いです。とりあえず「なんちゃって商品」で構わないから、どこかの豆腐製造メーカーとミスタードーナツのタイアップで定番商品にして欲しいなぁ。そう言えば、確か日立の山間の豆腐屋でも「おからドーナツ」を売っていると聞いた事があるんだが、今度食べに行ってみよう。

何もかもが旨かったので、最後にお会計をした時に「幻の青ばとそふとクリーム」を追加購入。ちと寒さに拍車をかけたりしましたが(笑)こちらも大満足な一品でした。

いやぁ…本気でお気に入りのお店になりましたよ。ツーリングで立ち寄るにもちょうどいい場所だと思うので、来年からは立ち寄りたいと思います。馳走様でしたっ!また伺います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。