よっしゃ晴れたぜっ!「長野へ行こう!」 ~「横川SA おぎのや 峠の釜飯」編~

先週は東京での買い物で物欲を満たした?訳であるが…俺の心は平日ず~っと叫んでいた。。。

「ホントは長野にG1の試し撮りに行きたかったのだぁ~~っ!」(叫)

どうやら祈りと呪いの両方が天に届いたようで、今週末は待望の「晴れ」。そんな訳でAM5:45に軽めのキャンプ装備で自宅を出撃し、最寄りの「日立南太田IC」のETCレーンへ。ヘルメットの下は「にやけた顔」のまんま通過しようとしたら…

ETCゲートのバー開かず…(爆)

2輪でETC使ってる方なら判ると思うが、はっきり言ってバーが開かなかった時の恐怖感は自動車の方が遙かに上だと思うなぁ。2輪が入り口で急停止して事故るのを恐れてだと思うんだが意図的にバーを短くしている事もあって、サイドカー付きのバイクでも無い限り何の違和感もなく通過出来るしね。

実はETCの出口でエラーになった事は昔にも何度かあったので、慣れた素振りで?バイクを左側に寄せて係員の方を待つと…すぐに来て下さいました。「ETCカードの期限は大丈夫ですか?…じゃ、これで出口で精算して下さい。お気を付けてっ!」と高速入り口のカードを手渡して頂きました。お手数掛けてスミマセンです…

そんな今イチな出発の影響か…「ひたちなか→真岡」間で…土砂降りの雨…(涙)

とは言うものの「佐野藤岡IC」で国道50号に出た辺りからは日差しが見え始めまして…またしてもETCのゲートが開かなかった「太田桐生IC」ではさすがに疑問を感じつつ…今日は「ビーナスライン」へ行きたいので関越道は南下して、上信越道で軽井沢方面へ。本日最初の休憩ポイント「横川SA」へ到着で~す。

出店の「たこ焼き」にも激しく心を揺すぶられたのだが、ふと横を見ると「おぎのや」の釜飯の出張販売店が。ちと値は張りますが、今日の朝飯はこいつと無料のカップ茶(玄米茶)?で行きますか。

【群馬県安中市】 上信越道 横川SA 峠の釜めし

釜飯のふたを外して、つけ合わせの漬け物類も一緒にベンチでパチリしたのが上です。峠の釜飯って知名度は抜群だとは思うんだが、実際に食べた事がある割合?って実は結構少ないんじゃないかなぁ。

「おぎのやの峠の釜飯」の具の解説は是非オフィシャルでご覧下さい

これで8回目?位になる釜飯は、相変わらず美味しいの一言。ただ個人的に毎回感じるのは、この写真でいう所の右下の「アンズ」が非常に浮いているように感じる&配置的に最初に食べないといけない表面にあるのは何でかなぁ?ということだな。タケノコもシイタケも、栗もゴボウも鶏肉も、何となく一番大事そうな場所にある「ウズラの卵」も、炊き込んだ「お米」とばっちり合っていると思うんだけど、「アンズ」は浮いてるように感じるんだよなぁ。

ま、アンズの件はともかくとして旨い「ドンブリ飯」?で有ることは、全く疑いの余地が有りません。つけ合わせの漬け物も旨いですヨ。

かつての「駅弁」としての歴史は食べた後で知ることにして、この地域に訪れた時には是非一度お試しあれ。食べ終えた器をどうしようか真面目に考えてしまうのも、このドンブリの面白い所。

かつて何度かは「灰皿」にしたドンブリ…今は煙草は止めてしまったので今回のキャンプでは「炊飯鍋」として使ってみようかと思ってます!一合炊きとして使えるようなら、上信越道を走るキャンプ野郎の間で大ブレイク間違い有りません!

ご馳走様でしたっ!また頂きに伺いますっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。