【文京区】 らーめん天神下 大喜 「とりそば(しお味)」

【文京区】 らーめん天神下 大喜 とりそば(しお味)

【文京区】 らーめん天神下 大喜 店構え

富山から特急電車と新幹線に揺られ揺られてようやく上野に到着。スーパーひたちの乗り継ぎの待ち時間が50分「も」有ったので、乗る特急を更に一本遅らせまして…

上野の未訪なラーメン屋の訪問時間を「更に確保っ」!(爆)

上野のラーメン屋事情を調べる度に候補に挙がる「大喜」の営業時間&定休日を調べると…おおっ!今日は営業してそうですなっ。それでは「大喜」へ伺いましょう。「不忍池」の南端から歩いて数分てな場所でお店を無事発見。店の外に置いてある食券の自販機で、このお店の基本の旨さとなるらしい「とりそば」を買いまして、店の一番奥のカウンター席でしばし待ちます。まわりのお客さんの会話で知ったんだが…東京は今日、無茶苦茶暑かったのか?確かに誰も「背広の上着」を着てないな。俺はと言うと…背広の上着どころか「ジャンバー」まで羽織ってるし…(爆)富山は昼間「気温14度」とかだったから、これでちょうど良かったんだよ…分かって欲しいなぁ…(笑)

そんなこんなで少々待ちまして、「とりそば」が目の前に到着。おおっ!この端正な見た目は、「旨い塩らーめん」の条件を満たしてますですっ!これは期待が膨らみますなぁ。。。それではスープから頂きますと………うんうん!「甘み」を感じる塩でもなければ「辛さ」を感じる塩でも無いですな。こいつは純粋な「鶏スープ」と言う意味での「塩」とでも言いますか…これは旨いっ!麺は細麺ストレート。このスープを邪魔することなくマッチしてます。

そして特筆すべきは、このスープと麺にベストマッチな具の数々。極細切りのネギとカイワレ大根に半熟玉子とメンマにほうれん草、鶏肉のつみれ(わざと崩した?)&鶏肉チャーシュー。「こってり系」の対極にあるこの「スープと麺と具」の数々。。。

はっきり言います…こいつは旨いっ!(喜)

さっきまで富山に出張に行っていた事を忘れそうな一杯ですよこれは。当然の事ながら、あっという間に完食です。こいつは上野で特急待ちをする時に伺う店としてリピート確定です。ご馳走様でしたっ。絶対また来ますっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。