【天理市】 麺屋 一徳 「塩らーめん」

【天理市】 麺屋 一徳 塩らーめん

【天理市】 麺屋 一徳 店構え

奈良公園を散策したあと、朝からまともに食事をしていない事を思い出しながら「超らーめんナビ」でお店を探すと…距離的に「京都」の店ばかりが引っかかる。。。検索条件に「奈良」を入れても変わらないので、一旦奈良市街を南の方へ抜ける事を決意して走り続けると…「天理市」に到着。再度「超らーめんナビ」で検索をかけると「一徳」というお店がHit!ちとお行儀が悪いが、店の近くの路地にバイクを駐めて店内へ。

メニューを見ると、「塩らーめん」&「醤油らーめん」と替玉にライスだけの潔いお店です。そんだば「塩」をお願いしまして「天理」市街を抜けた後はどうしようかなどと考えていたら「塩らーめん」が到着。それではスープから頂きま~す。おおっ!魚介の旨みに塩を利かせてるタイプのスープですな。ベースは多分鶏ですかね。この味は以前横浜の「麺や維新」で頂いた一杯と同じ系統な気がします。こちらの方が気持ちあっさり目かなぁ?黄金色のスープの色が、とっても食欲をそそりますね。お次は麺ですが、細麺でスープの優しさにピッタリマッチしてます。それにこの麺、かなり黄色みがかっているんですが食感的には「たまご麺」では無さそうな感じです。時折出会う「たまご麺」ほど腰が強いわけでも無いので、多分合ってると思うんだけど…

…もちろん自信は全くない訳だ(爆)

こういう事はお店で聞いてみるべきなのかな?でもまぁ、ラーメンの成分分析したいわけでも何でも無いので旨けりゃいいか?などと考える事にして、自分の味覚に対する不安をすり替えておこう(爆)

話を元に戻しまして、お次は具。白髪ネギ風な青菜?とネギにチャーシューと、スープのシンプルさを具も踏襲してます。こちらのチャーシューが結構変わってまして、口にした瞬間の味わいがチャーシューと言うよりはベーコン的な一品でした。この塩ラーメンの具としては脂身の味が上品に隠されていてぴったり合ってますね。いやぁ、細かい話はともかくとして、ホントに旨い一杯なのであっという間に完食です。

お勘定を払う時にバイク野郎全開な服装の私を見て店長さんに「今日はどちらまで行かれるのですか?」と聞かれまして、ホントに行き先を決めてないので答えに困って「茨城県の水戸(ツーリング先では相手に分かりやすいようにこう言う事にしてます)から来たんですが、まぁとりあえず南の方へ下っていこうかなぁと思ってます」等と答えたら「えっ!?茨城の…水戸ですかっ!?あ…もしかして高速1000円で来たんですかっ!?ええっ!?何でそれでまたうちの店に?」ってな感じで、店長さんの頭に「はてなマーク」がいっぱい見えた気がしたので「超らーめんナビ」で見たことを伝えると「おぉ…そうでしたかっ!有難うございますっ!」と恐縮されてしまいましたが、素晴らしく美味しい一杯を頂いたこちらこそお礼を言う側ですな。距離が距離なだけに何時になるかは分かりませんが、次回は是非醤油を頂いてみたくなる素晴らしいお店でした。ご馳走様でしたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。